ここから本文です

ベアリングのシールタイプとシールドタイプについて

kim********さん

2010/5/2914:28:50

ベアリングのシールタイプとシールドタイプについて

ベアリングのシール(ゴム)とシールド(金属板)の用途・選別を簡単に言うとどうなりますか?
中学を卒業したばかりの、工業高校生に説明するものとしてお願いします。

閲覧数:
32,825
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

puc********さん

2010/6/323:02:02

シールド(金属板)は、グリースが飛び散らないようにせき止めているだけです。シールドは外輪に固定され内輪とは接触しないため,多少の防塵性は期待出来ますが、防水性はありません。シールドと内輪が接触しない分トルクは軽く高速回転にも耐えます。

シール(ゴム)は、軸受内にゴミや水分が侵入しないように取り付けられており,防塵性耐水性は勝ります。その反面、シールが内輪と接触している分だけトルクは重く高速回転にも向きません。

基本的には、ゴミや水がある環境ではゴムシールタイプを、比較的クリーンな場所でグリース保持のみが目的の場合金属シールド付きを選ぶことになります。

より詳しくはこちらで確認ください。表紙を除いて2ページ目に解説があります。
http://www.ntn.co.jp/japan/products/catalog/pdf/shieldseal/pdf/Ball...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yam********さん

2010/5/2916:31:51

シールタイプは、内部から充填してあるグリスが飛散しないために使う。

通常の使用ではすき間からグリスが出て行きません。

高速度回転で温度が上がり、粘性が下がるとしみ出てきますが。

シールドタイプは、外部から異物が入ってこないようにするために使う。

水分が入って乳化するとか、粉塵がないって噛み込むとか。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる