ここから本文です

遺留分と相続権

fun********さん

2010/6/712:34:50

遺留分と相続権

以前、遺留分について質問しましたが
少しまた混乱しました。
相続回復請求権というものがありますよね
これについてなのですが、
例えば被相続人が第三者に遺贈したとして
兄弟姉妹は、遺留分は行使できずとも
自己の法定相続分の侵害として
相続回復請求権で抗弁できるのですか?

補足補足です。
だとすると被相続人により遺言の指定がない場合
兄弟姉妹は、4分の1相続できますが
遺贈などで第三者に遺贈してしまうと
兄弟姉妹は、4分の1のい部分は
もらえないのですか?

閲覧数:
137
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gnj********さん

編集あり2010/6/911:04:53

結論として、被相続人が第三者に遺贈したのであれば、兄弟姉妹に相続はありません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

chi********さん

編集あり2010/6/912:15:17

相続回復請求は権限がないのに相続財産を占有している人に対するものなので、遺贈の場合適用がありません。
おそらく遺留分減殺請求権のことをいいたいのだと思うのですが、兄弟姉妹にはそもそも遺留分がないため、こちらも行使することはできません。


補足について
遺留分がないということは、そういうことになりますね。
被相続人の生前の意思に反してまで保護する必要はないということでしょう。
民法上では、配偶者や親子に比べて兄弟姉妹の関係は比較的ゆるいです。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる