ここから本文です

水槽のフィルターについて 今から書くフィルターのメリットとデメリットを教えて...

zen********さん

2010/6/1121:16:03

水槽のフィルターについて
今から書くフィルターのメリットとデメリットを教えてください

・外掛けフィルター
・上部フィルター
・外部フィルター
・底面フィルター
・エアーリフト式水中フィルター

閲覧数:
1,094
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jax********さん

2010/6/1123:03:02

(外掛けフィルター)
上部や外部フィルターの設置が難しい小型水槽用。
価格が比較的安く、ろ材の交換も簡単。
専用の交換ろ材はほとんど活性炭が含まれており、
2~3週間ごとに交換が必要となり、
ランニングコストがかかり、いつまでたっても生物ろ過機能は期待出来ない。
改造することにより、使えるフィルターとなる。
エアーポンプがなくても酸素供給が出来る、反面水草飼育には不向き。

(上部フィルター)
水槽の上半分をふさぐ形で、日本の住宅事情さることながら
いかにも日本人らしい発想のフィルター。
そこそころ材容積もあり、自分流にアレンジしてろ材を詰め込むことも可能。
こちらも酸素供給が出来るが、水草飼育には不向き。

(外部フィルター)
水槽から離れた場所に設置することで、
水槽そのものがスッキリする反面、水槽とフィルターを接続するホース類が、邪魔な存在になる。
万が一、水漏れが発生すると、周囲が水浸しになることも。
ろ材容量も比較的大きく、酸素を巻き込まないため、
水草飼育に適している。
水草で酸素供給を行わない場合は、水槽の水量に対してフィルターの通水量が少ないと、
ろ過能力が低下することも。

(底面フィルター)
生物ろ過能力としては、他の4つと比べものにならないくらい最強のフィルター。
唯一、人工的に地下水脈を作れるフィルター。
にわか上級者からは価格が安いため、低性能と思われる。
ろ材は底砂、交換部品がない、至ってシンプル。
メーカーや販売店にとってメリットの少ないフィルターのため、大きく宣伝もしていない。
エアーポンプを別途購入する必要がある。
他のフィルターと接続すると、生物ろ過能力は極端に低下し、
ろ過能力を崩壊させる時間を短くする。
物理ろ過が出来ないため、定期的な底砂掃除をしないと、いずれろ過崩壊を招く。

(エアーリフト投込みフィルター)
小型水槽にセットされることの多いフィルター。
ただでさえ狭い水槽をより狭くする。
酸素供給面では使えるフィルターだが、容積が小さいため能力は低い。
別途エアーポンプが必要となる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aoy********さん

2010/6/1718:19:48

(参考)
みなさんのご回答をもとに、これから水槽をセットするなら底面フィルターに外掛けファイルター直結。
個人的には最強ろ過装置と思います。
質問内容と違う内容でスイマスン・・

ara********さん

2010/6/1122:27:54

①外掛け
M お手軽で安い、濾材交換が簡単。エアレーション不要。
D 濾材量が少ない。濾材交換がバクテリアを捨てること。落水音がする。

②上部
M 濾過能力はある。ゴミをマットで濾し取ってくれる。マット交換が楽。
D 落水音。水槽上部が塞がれる。

③外部
M スゴく静か。排水口を何処にでも設置できる。濾過能力もある。Co2を逃さない。
D 設置スペースが必要。濾材のメンテナンスが面倒。

④底面
M 濾過能力が高い。安い。D うるさい場合がある。目詰まりするとヤバイ。リセットが面倒。肥料を与えにくい。

jed********さん

2010/6/1122:07:05

・外掛け
メリット
酸素含量が豊富。比較的場所を取らない。メンテが楽。
デメリット
ろ過能力が低め。水槽の見栄えを多少悪くする。

・上部
メリット
酸素含量が豊富。場所を取らない。
デメリット
騒音。水槽の見栄えが悪い。水草水槽の場合、トリミングが非常にしにくい。

・外部
メリット
水槽内のレイアウトスペースが広い。ろ過能力が高い。静か。こまめなメンテが必要ない。水草水槽の場合、トリミングが非常にしやすい。レイアウトの景観を壊さない。
デメリット
酸素含量が少ない。

・底面
メリット
ろ過能力が高い。外掛けフィルター、上部フィルター、外部フィルターとの接続により更に、ろ過能力が向上。
デメリット
騒音。メンテ不可。

・エアーリフト式
メリット
酸素含量が豊富。設備が簡易的で手ごろ。
デメリット
水槽内の見栄えが悪い。場所を取る。広範囲のろ過が出来ない。

dev********さん

2010/6/1121:43:54

外賭けは手軽でいいが小型水槽にしか使えない・ろ過面積(能力)が小さい。
上部は水槽の半分がふさがれる・面積は大きめだがろ過能力は低め。(改造しだいでなんとかなるかも。)デメリットしか思いつかない。。。
外部はろ材の中を強制的にわたっていくのでろ過能力はいい。外部なので水槽内もスッキリしていいが価格が高い、フィルターを置く位置がいるとか、水槽からフィルターへ繋ぐホースがにょきにょきと、見栄えで言うスッキリ感はなんだかなー。
底面は掃除ができない。するとなればリセットだ。床砂をろ材とするため底面が汚れる。
エアリフトは動作音がやかましい。ブブブブヴヴブヴブヴブブブブブブゥ


あくまで自分が感じることね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる