更地渡しの定義について

更地渡しの定義について ある不動産会社(売主)から土地を購入しました。 契約時には不動産会社のまえの所有者の方の植木や芝生が残っていましたが、更地渡しということで安心して契約しました。 決済時に植木のごみが残っていましたが、それを綺麗に捨ててもらえるということで、1昨日決済が終わり現地を確認しました。 ごみはなくなっていましたが、芝生が4畳分ほどのこっていました。 根っこなども多少残っています。 不動産会社は残置物とは建築の妨げになるごみのことであり、債務不履行ではないといいます。 また芝生については撤去し忘れとのことで撤去してもらえることになりましたが、根っこはとれないし、芝生をはがしたことによって多少地面がぼこぼこになっているのも、建築の妨げになるものではないから、本来の目的を達成することができる以上は損害賠償云々にはならないといいます。 私は債務不履行ではないかとおもいます。 まだ建築は随分先なのでなにか損害があるわけではありませんが、気持ちが納得いかないので、賠償請求できないかと思っています。 芝生だって綺麗に根までとってこそ「更地渡し」なのではないかと。 これはどうなのでしょうか。業者に責任を問えますか?

不動産4,738閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

そんなことで損害賠償をおこそうとするアナタ様において *決済がおわってから現地を確認していること *書面でのこさないこと なぜなのか、不思議で仕方がありません。。 自分自身に対しての過失があったのでは!? 気持ちを納得するために裁判を起こすのなら、自分を改められた方がよろしいと存じます。

その他の回答(2件)

0

芝生とか根っことか地上の状態を気にされているようですが、それよりもっと重大な事が…。 ①建物の基礎が残っている。②解体した建物の残骸が埋まっている。③土地が汚染されている。④過去にその土地上で 事件、自殺、事故等があった。④隣地に暴力団、右翼、反社会的集団が住んでいる等。

0

一般的には、更地と言うのは土地に定着する構造物が無い事、貴方が言われるようにゴミや廃車などは撤去するのは当然でしょうが、芝生の根は問題無いと思います。例えば、新しく造成をした場合、造成工事が終わり、2,3年その土地が売れなかったとします。当然、草がはえてきます、その草の根を全部撤去しろとはいえないでしょう。そんなことが認められたら、更地渡しはなくなります。