ここから本文です

交通事故の質問です… バイク対車の事故で事故現場は緩いカーブの一本道(カーブの真...

hir********さん

2010/6/2518:58:00

交通事故の質問です…
バイク対車の事故で事故現場は緩いカーブの一本道(カーブの真ん中辺りに背の丈程の植木がありカーブの向こうは見通し悪い状況)で道幅の狭い道路(センターラ イン無し、対向車線無し)Aが軽自動車(40歳)Bがバイク(78歳)…両者がカーブ手前辺りに差し掛かったところで気づきAはカーブにある植木に接触(道路脇限界)Bは車の右側面に衝突。その時のバイクの走行できる車幅は冷静時では走行できると思われます。この状況での過失割合はどれぐらいになるでしょうか?…やはり車でしょうか?これが対車同士なら50対50もしくは若干Aの方が考慮されるような気もしますが。下手くそで解りづらく、申し訳ございませんが、ご回答の方を宜しくお願いします。
なお、ご不明な点は補足しますので快いご回答お待ちします。

補足カーブはAから見て左曲がりで植木も左側にあります。よってBの対向車の通れる程のスペースは右側にあったのですが…最初の解答者様…100対0…ですか?互いに前方不注意はあると思うんですが?かなりきついですね(T-T)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
261
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

suk********さん

編集あり2010/6/2523:32:22

前質問の方も拝見いたしました。

前質問にて50:50の過失割合(基本過失割合)と回答しました。

過失修正するとすれば、減速、徐行していれば、40:60位になると思います。
限界まで回避行動をとった上で、追突されたという点を加味すれば、
40:60が妥当では、という主張は可能だと思います。
※仮に減速、徐行、あるいは停止したとしても、追突は回避出来ない状態だったのであれば、40:60でも譲歩している割合だと思います。

★センターラインのない道のすれ違いの事故なので、前方不注視は基本過失割合50:50に含まれます。
争点は◆A「安全運転義務違反」の有無になると思います。

◆A「予見、回避可能であったにも関わらず、それを怠った場合」
※質問者さんが、
◆Aの違反に該当しない=予見、回避困難であった場合、質問者さんの過失割合が小さくなります。

過失割合については、「別冊判例タイムズNo.16」という本があります。
県立図書館で閲覧、コピーが可能です。
※類似する判例を参照すれば、過失修正に関する判断が可能です。
(事故の状況に応じて、修正要素、内容も異なるものもあります。)

質問した人からのコメント

2010/6/27 13:55:36

感謝 毎回、適切な御回答ありがとうございます。実は私の父の話でございまして、若干の年齢詐称はありますが…。ですがバイクと事故をするとやはりどれだけ回避に努力しても不利な結果になるんですね。まぁ危険予知(お互い様なのに)を怠ったと言われればそれまでですが…。本当に有難うございました。参考にさせていただきます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pus********さん

編集あり2010/6/2523:14:30

>快い
・・・えーと、
まず、
1:カーブはAから見てどちらに曲がっていたのか?
2:“植木”は、そのカーブの内側にあったのか?、外側にあったのか?
を、“補足”でご説明お願いいたします。
て言うか年齢は必要ですかね?

>補足
そういたしますと、
クルマAは、バイクBをある程度回避しようとしたものと考えられますが、
(クルマAが左路側の植木に接触している)
件の道路の幅によっては、
クルマAが十分に左側に寄っていても、道路中間線を越える可能性もある為、
詳しい事はなんとも言えない状況になります。

件の道路の幅が、クルマAが十分に左側に寄っていれば道路中間線を越えないのならば、
中間線を越えたのはバイクBの側になりますので、過失割合はそのまま逆転する事になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる