ここから本文です

何故バッターは打つと反時計回りに走るのですか?

wsmchieさん

2010/7/401:28:17

何故バッターは打つと反時計回りに走るのですか?

野球が考え出されたときに、時計回りに走るという選択枝はなかった
のでしょうか?

補足左回りの方が走りやすいというのはなんとなく納得できます。
心臓の位置と関係あるのでしょうか?
野球の歴史に、どっちに走っても良いルールがあったなんて
知りませんでした。 まったく違ったルールの野球があっても
面白いかも。
みなさまご回答ありがとうございました。 ベストアンサーは投票と
いうことにしてください。m(。。)m

閲覧数:
126
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

don_umpireさん

2010/7/406:17:11

自分も確かに何故左回りに決まったの?とは思います。
ではなぜ陸上競技のトラックも、競輪のバンクや競艇のプールも左回りで統一されているのでしょうか?
自分が知る限りは右回りがあるのは競馬くらいです。

馬は左回りの方が回りやすく、筋肉のバランスを取るために右回りのコースもあるという話は耳にした事がありますが、人間も同じなのかもしれません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nekonisiki13さん

2010/7/416:45:26

don_umpireさんがおっしゃっているように、人間も馬と同じで左回りのほうが走りやすいからです。

なにもない平原で「まっすぐ走って」と人を走らせると、少しずつ左に曲がっていくそうです。
(おそらく、歩かせても同じ結果が出るでしょう)
これは人間の足の裏が、水平になっているようで、わずかに左に傾いているからだと説明されます。
目印のある場所なら、まっすぐ走ることもできますが、
本来は(なぜそうなっているかは不明ですが)左回りに走るのが自然なのです。

陸上のトラックや野球のダイヤモンドを制定した人は、
おそらく無意識のうちに、走りやすい回りかたを採用したのでしょう。

2010/7/401:58:22

野球ができてからしばらくはバッターは打ってからどっち周りに走ってもよかったらしいです。
でもそれでは守備側が大変ですよね。

しばらくしてルールが加わり、打者は打ったら1塁へ走らなければならない、となりました。

たぶんこれは守備側がなかなかアウトを取れなかったから、右バッターから遠い1塁を目指させることによって試合進行を早くさせたのではないでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。