ここから本文です

グロ・ハーレム・ブルントラント女史

twi********さん

2010/7/1011:15:47

グロ・ハーレム・ブルントラント女史

彼女がWHO事務局長に就任してから世界の禁煙運動の流れが大きく変わったと言って間違いないですか?
彼女が就任演説をした頃ぐらいから喫煙マナーについて厳しくなったような気がするのですがいかがでしょう?


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%8F%E...
http://www.niihama-med.or.jp/Oohashi/who.html

補足WHO事務局長グロ・ハーレム・ブルントラント博士(元ノルウェー首相)は「就任の挨拶の中で、「たばこは人殺し(killer)である。次代を担う青少年と若い女性のために、広告・宣伝は禁止すべき」と演説した。

グロ・ハーレム・ブルントラント,喫煙マナー,就任演説,WHO事務局長,禁煙運動,電磁波過敏症,うわさ

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
734
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sok********さん

2010/7/1011:37:51

う~ん.....、どうでしょう?
そのような話をたまに聞くことはありますが、個人的に熟考したことがないのでなんとも言えません。
現段階の個人的感想は「うわさに聞く程度」となります。

それよりリンク先wikiの中にある『電磁波過敏症』にはあれこれ想像を掻き立てられるw

質問した人からのコメント

2010/7/14 05:53:41

回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる