ここから本文です

ランナー2、3塁でバッターがショートゴロを打ち捕球しに行ったショートと二塁ラ...

bas********さん

2010/7/1208:52:29

ランナー2、3塁でバッターがショートゴロを打ち捕球しに行ったショートと二塁ランナーが接触してしまいました。審判は守備妨害を宣告しバッターランナーをアウトにしランナー2,3塁からゲームを再開しました。

ルール上これで正しいですか?

閲覧数:
351
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

どん さん

編集あり2010/7/1223:57:22

守備妨害について、打者走者をアウトにする必要があると判断したのであれば打者走者だけではなく実際に接触した二塁走者にもアウトを宣告しなければなりません。

打球の処理を妨害したものとして野球規則7・08(b)により二塁走者をアウトにした上で、味方プレイヤーを不正な手段で手助けした行為に対して規則6・05(m)により打者走者をアウトにする処置をとるのです。
また二塁走者の行為を「併殺の妨害のための故意」として規則7・09(f)により妨害した走者と打者走者を二人ともアウトにする規定もあります。

打者走者をアウトにする必要はないと判断した場合は規則7・08(b)により妨害した二塁走者をアウトにしますが、打者には一塁を与え一・三塁で試合を再開します。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

w1529さん

2010/7/1216:01:34

まだ生きている2塁走者が(故意ではなく)妨害した場合には、2塁走者が守備妨害としてアウトになり、打者走者には1塁が与えられ、3塁走者は戻されます。よって走者1,3塁での再開となります。(7-08(b))

2塁ランナーがすでにアウトになっている状態での妨害では、その後の接触により、「打者走者をアウトにする行為を妨害した」との理由で、打者走者もアウトになります。あるいは生きている2塁走者が故意に妨害した場合も2人アウトになります。(6-05(m),7-09(e))

故意でない場合、守備妨害で一気に2人の選手(生きている走者と、打者走者)がアウトになることはないようです。ルールに明記はありませんが、野球規則委員会の回答例などを見ていると、そのような方針が伺い取れます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる