ここから本文です

岐阜県多治見市はなぜあんなに暑いのですか?昔から暑いですか。多治見市に住んで...

har********さん

2010/7/2412:21:59

岐阜県多治見市はなぜあんなに暑いのですか?昔から暑いですか。多治見市に住んでる人、多治見市をよくご存知の方、考えられる原因を教えてください。

補足ありがとうございます。

窯業関係会社からは熱風が出ていそうな煙突とかはありますか?

他に発熱してそうな工場や場所はありますか?

閲覧数:
23,095
回答数:
9

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aft********さん

編集あり2010/7/2722:01:30

言われてみれば10年ほど前はすでに暑かったかも・・・
中学生のとき、昼からの授業は暑すぎて教師も生徒もダウンしてしまい、
授業どころではなかった記憶もあります。
風通しが悪かったせいか、
2時間目に教室で測定した結果36度を超えていて驚いたこともありましたよ。

多治見が暑い理由ですが、
太平洋側で高温になっている空気が
紀伊山脈を超えることで気温が上昇し、(フェーン現象1回目)
名古屋を通過することで気温がさらに上昇し、(ヒートアイランド現象)
内津津峠を越えることでさらに気温が上昇して、(フェーン現象2回目)
盆地で逃げ場を失いそして暑くなるとのことです。
多治見は名古屋側に口を開いているため、
名古屋からの風が入りやすいのも一つの原因です。

ニコニコ動画で、動画で説明しているものがあり、
それが一番分かりやすいかと思います。
多治見で検索すれば出てきますよ。

また、ほかの回答者が
アメダスの設置場所について話していますが、

アメダスの設置場所が悪いって話は
市内でもよく言われております。

そのため、過去に地元のボランティア団体が
調査を行ったらしいですが、
市内どこでもアメダスの結果を変わらない
という結論に至っております。

http://www.eccj.or.jp/leader/info/050915/sub1-07.html

また、市議会の議事録を見ますと、
アメダスで計測された気温は市内の平均的な気温に近く、
市内でもっとも涼しいのは、
緑地が多く、風通しがよい、虎渓山あたりで
平均気温より4度ほど低い。
と記載されていることが確認できます。

また、岐阜地方気象台からの設置場所の
移設に関する問い合わせに対し、
市議会はアメダスの設置基準も満たしており、
移設の必要性はないと回答しています。

駅前の温度計は40度を越えることもありますからね。


補足について

現在はガス窯、電気窯が主流ですし、
昔と比べ事業者数は圧倒的に減っているのに関わらず、
気温が上昇していますので、
陶磁器産業の影響はそこまで大きくないと考えられます。
アメダスが設置してある場所と工場のある地域は離れています。
陶磁器の工場は市街地より周りの山側に多いです。

また、多治見市は名古屋のベッドタウンですので、
市内のほとんどが住宅地です。
工場といわれても思い出せないくらい工場がありません。

1つの原因はここ半世紀で
市街地にあった田んぼが全て住宅地に変わったこと
があげられると思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「岐阜 暑い理由」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ann********さん

編集あり2010/7/2820:42:21

わたくしも以前ボランティアで市内あっちこちの公園等、温度を一斉調査で観測した事がございます。

やはり結果は同じ様に上昇いたしました。

ときにはアメダス地点より上回った事もございました。

これは風向きにより熱い空気のよどみが市内あっちこちに出来る事(移動等)を示しています。

アメダスの設置場所について疑問視され、その理由だけで高温が観測されるとおっしゃる方もおられますが、冬はよく冷えた朝などー7℃以下になる時もございます。

多治見市よりずっと北に位置する美濃加茂市より下がります。

美濃加茂市は多くの主要国道が交差する交通量のとても多いところです。

それでも夏は最高気温が常に多治見市より低く、冬の朝は多治見市より常に暖かい。

なぜ高速近くの土地が美濃加茂市より冷え込むのでしょうか。

これはアメダス設置場所がそれほど自動車等の影響は受けていない決定的な証拠です。

岐阜県でも一番雪の降らない町で朝方は良く冷える典型的な盆地気候なんですよ。

では、なぜ夏の猛暑が当たり前になってしまったのか。

それはひと昔前まで市街地に点在していた田んぼが全て建物や道路に変わってしまったこと。

岐阜県内の近隣都市より真っ先に都市化が進んでしまった事。

そして二重高層高気圧・フェーン現象など盆地の地形や気候にプラス複合的な作用の結果でございます。

ちなみに2007年の40.9℃を記録した時間帯、室内のクーラーを『強』で使用していたにもかかわらず室内の温度計は30℃以下には下がりませんでした。

それでも外よりずっと涼しく感じていました。

扇風機の風はヘヤードライヤーのように熱くその風が常に当たっていた近くのテーブルクロスはほっかほか、変形してしまいました。

また運悪く当日居酒屋でのバイトシフトに入っていましたので夕刻出勤いたしましたが、驚いた事に倉庫にございました一升瓶(開封済みで焼酎が満タン近く入っていた物)の栓が半分以上飛んであっちこちに散らばっていたのを今も鮮明に覚えております。

40.9℃を記録した当時の体験談でした。

u06********さん

2010/7/2718:54:31

暑いのは確かですが、
多治見市の近くに住んでいるので
わかりますが、
観測計が多治見市の場合、
高速道路のすぐ近くにあるから
普通以上に上がりやすいんですよ!

それで日本一の暑さと話題となるのは.... 笑

you********さん

2010/7/2718:44:55

多治見市は盆地でそこに伊吹山から乾いた西風が盆地に留まるため気温が上昇するからです

同じく熊谷も新潟方面から吹く乾いた風が盆地に留まるんですよ

今日のヤフーニュースで特集されてました
窯業や工場は関係ないと思われます

岐阜地方が寒いのは「伊吹降ろし」と呼ばれる風が冷たいと言う理由
それの夏バージョンでしょう

ush********さん

2010/7/2714:00:24

皆さんが回答されているように地形・気候の問題もありますが、
それに加えて地場産業も一役買っているのだと思います。

多治見市では窯業(製陶)関係の会社が数多くあります。
そういった職場では窯(炉)を燃やし続けての作業環境になりますが
窯の温度は1200℃くらいになります。
これが外気温に影響を及ぼしているのではないかと思います。
窯の前で作業している人々はつねに40℃以上で動き回ってます。

これは蛇足ですが、
昔から製陶関係で働いている人達は、夏を乗り越えるために
うなぎを食べてスタミナをつけていました。
多治見市には昔からある有名なうなぎ屋が何件もあります。
多治見市で熱中症による死者が出ないのは、うなぎを食べて
精をつけているからかもしれませんね。

vir********さん

編集あり2010/7/2615:11:36

多治見に住んでる者です。昔はこんなに暑くはなかったです。いつからこんなに
熱くなったかは分かりません。よく多治見で最高気温を観測したって言ってますが、
名古屋のほうが暑く感じますけど。
確かに周りは山ばかりで風はあまりこないですね。風がくるのは土岐川のあたり
ぐらいかな。
去年大阪から来た人が「ここはなんちゅう暑いとこやっ」って言ってました。
みなさん多治見には近寄らないほうがいいですよ。

ちなみに、多治見のアメダスは消防署の敷地内においてあります。TUTAYA
の近くで、署の前は国道248号です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる