ここから本文です

宅建の権利関係で質問お願いします。 抵当権のところで、抵当権設定者というのは...

mi1********さん

2010/7/2913:26:41

宅建の権利関係で質問お願いします。
抵当権のところで、抵当権設定者というのは主に債務者など借りる側を指すのに対し借地借家法のところで借地権設定者は売主を指す。
設定した者と覚えたらいいのでしょうがごちゃごちゃになってしまいます。低度ですみません。この2つの違いを何か理解しやすく覚える方法はないでしょうか。よろしくお願いしますm(__)m

閲覧数:
146
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

grs********さん

2010/7/2917:10:29

土地を持っている人が設定者になります。

金を借りるために抵当権設定契約を結ぶときを考えてみましょう。
土地を持っている人=抵当権設定者
・金を借りる人

抵当権の設定を受ける人=抵当権者
・金を貸す人

次に借地権設定契約を考えます。
土地を持っている人=借地権設定者
・土地を貸す人

借地権の設定を受ける人=借地権者
・土地を借りる人

取り敢えず、土地を持っている人が権利の設定が出来る、設定者だと覚えておくといいです。

質問した人からのコメント

2010/7/29 18:22:45

降参 なるほどーーー!!!
ありがとうございます。
本当にこちらの方々には早急に分かりやすくお教え頂けて大変助かります。ありがとうございますm(__)m

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる