ここから本文です

自己借地権(借地借家法第15条)についてですが、「他の者と共に有する」意味とは...

fre********さん

2010/7/3000:55:38

自己借地権(借地借家法第15条)についてですが、「他の者と共に有する」意味とは、土地上の建物の所有権につき共有する場合と解してよろしいでしょうか。

補足例えば、借地権(地上権)設定者A、地上権者A、建物所有者AおよびBのようなケースも含まれますか。

閲覧数:
1,283
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aba********さん

2010/7/3001:48:44

自己借地権(借地借家法第15条)については、「他の者と共に有する」意味とは、「借地権を共有する」場合と解してください。
(A・Bが借地権を共有するからには、借地上の建物がA・Bの共有であるか、又は区分所有建物でA・B共 区分建物の所有者である場合に限られます。)

借地権(地上権)設定者A、地上権者A、建物所有者AおよびBは、不可です。
借地権(地上権)設定者A、地上権者AおよびB、建物所有者AおよびB(共有又は区分所有)は、可です。

質問した人からのコメント

2010/7/30 22:58:59

降参 手取り足取り、誠に恐れ入ります。。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる