ここから本文です

ワーキングキャピタル=売上債権増加額-仕入債務増加額+棚卸資産増加額=-売上...

kni********さん

2010/8/115:52:53

ワーキングキャピタル=売上債権増加額-仕入債務増加額+棚卸資産増加額=-売上債権の減少-仕入債務の増加-棚卸資産の減少
と学校でもらった紙に書いてあるのですが,-売上債権の減少-仕入債務の増加-棚卸資産

の減少の部分が今一つよくわかりません。
解説してください。

補足たとえば,売上債権増加が△337 支払債務増加が△1,125 在庫増加が161ならワーキングキャピタルはいくらになるのですか?

閲覧数:
3,724
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aoz********さん

編集あり2010/8/200:03:42

ワーキング・キャピタルの計算方法には理論的なもの、実務的なものと数種類存在します。

もっとも実務的な計算方法は

『ワーキング・キャピタル=売上債権-仕入債務+棚卸資産』 です

この式から、売上債権を減らし、仕入債務を増やし、棚卸資産を減らすことがワーキング・キャピタルを圧縮するための3大要素であることが読み取れます。

ワーキングキャピタル=①売上債権増加額-仕入債務増加額+棚卸資産増加額=②-売上債権の減少-仕入債務の増加-棚卸資産の減少

も理論的な計算方法の一つであると思います。


☆補足にある、

売上債権増加が△337 支払債務増加が△1,125 在庫増加が161の場合、
① (-337)-(-1,125)+(161)=949
② -(337)-(-1,125)-(-161)=949
となります。

②の式は、単に
売上債権増加が△337ということは、売上債権の減少額は337
在庫増加が161ということは、棚卸資産の減少額は△161
という『増加』、『減少』とプラスマイナスの表現を変えただけのものですよ!

質問した人からのコメント

2010/8/2 01:00:56

本当に助かりました。
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

saw********さん

編集あり2010/8/123:35:51

ワーキングキャピタル=±売上債権増減額±仕入債務増減額±棚卸資産増減額

を噛み砕いただけです。

補足☆
ワーキングキャピタル=△337 -(△1,125)+ 161
________=949

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる