ここから本文です

筒井康隆の亭主料理法について

 さん

2010/8/117:03:05

筒井康隆の亭主料理法について

角川文庫から出版されていた筒井康隆の「にぎやかな未来」を読んで気になっていることがあります。
それはp76亭主料理法の最後にこのようなことが書いてあることです。

(編集部よりお詫び)
印刷屋の手違いにより、筒井康隆先生のショート・ショート『亭主料理法』と、由村白菜先生の『豚肉の洋風うま煮の作りかた』の原稿がごっちゃになって、ひとつの話になってしまいました。時間がなく、両先生ならびに読者のみなさまに、ご迷惑おかけしましたことを、深くお詫び申しあげます。

これは本当に手違いで作品同士がくっついてしまったのでしょうか。
真相をお知りの方がいましたら、ご回答頂けると幸いです。

閲覧数:
1,888
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

scr********さん

2010/8/117:11:35

このご質問は、真面目にお答えしてかまわないのでしょうか。

もちろん手違いであるはずはなく、
すべて筒井先生が書かれた、こういう形の作品です。
(編集部よりお詫び)まで含めて、一つの小説です。

ひねった回答を期待しておられたなら申し訳ありません。
しかしこのご質問に冗談で答えると、
本当にわけがわからなくなりそうでしたので、自重しました。

質問した人からのコメント

2010/8/1 17:20:49

やはりそうでしたか。

お早いご回答、ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる