ここから本文です

近藤真彦>田原俊彦>野村義男ですか?

ayu********さん

2010/8/216:03:40

近藤真彦>田原俊彦>野村義男ですか?

①ジャニーズのたのきんトリオで最も人気があったのはマッチで、
次がトシちゃんだったという話を聞いたことがあります。
これは本当でしょうか?

②また、私は当時まだ生まれていなかったこともあり、
野村さんの良さがよくわかりません。
マッチやトシちゃんは知っているのですが……。
野村さんはどんな人だったのですか?
ヒット曲や代表的なドラマはどんなのですか?

③マッチとトシちゃんの人気は、チェッカーズ、光GENJI、
(それぞれ全盛期)と比べてどうでしたか?
私が幼稚園のころ、チェッカーズと光GENJIの人気は物凄く、
幼いながらにSMAPやキンキ、嵐やカトゥーんよりも上だと覚えています。
(少なくとも熱狂度ではかなりのものでしたし、社会現象だった)

閲覧数:
3,868
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuk********さん

2010/8/216:54:49

①個人の主観によっても異なりますが、自分もその順番で間違いないと思います。
トシちゃんはミリオンセラーやレコード大賞は獲得していません。
ただ、トシちゃんは主演ドラマの大ヒットにより’88~89年に再び人気のピークを迎えています。

②ヨッちゃんは影の薄いイメージですね…。
一応ソロデビューもしたのですが、すぐにロックバンド「The Good-Bye」を結成しバンド活動のほうに重心を移しました。
男闘呼組・TOKIOと違い、演奏の実力もきちんとあるバンドでしたので、
解散後もギタリストとしての需要は途切れず、浜崎あゆみ氏のバックバンドでも演奏しています。
また、小泉今日子氏のアルバムプロデュースを行ったこともあり、「ナツメロ(タイトルからもわかるとおり、
J-POPカバーアルバムです)」は好セールスを記録し、
ドラマ主題歌としてシングルカットされた「学園天国」は大ヒットしました。

③トシちゃんのピークは’80~83・’88~89で、マッチは’81~84かな、と思います。
トシちゃんは年齢的なものも大きかったですし、マッチは某有名アイドルと恋愛関係(後々ビッグスキャンダルになりましたよね)に
なったのが、人気低迷の一因になったのでは。

その隙間を埋めるように’84に「涙のリクエスト」が大ヒットし、チェッカーズが大ブレイクします。
フミヤのルックスがよかったことも幸いし、アイドル的な人気を博しますが、メンバー的にはあまり本意ではなかったようで、
’86秋に「NANA(メンバー自作曲です)」をリリース後は、アイドル色が非常に薄くなり、本来のロックバンドとしての
カラーが強まっていきました。同時期に人気があったのは、少年隊ですね。自分の学校では、女子人気が非常に高かったです。
’87秋に光GENJIがデビューして、即大ブレイク、ブーム的な人気を巻き起こしました。
小中学生の人気が異常に高かった気がします。レコ大を獲った’88が人気のピークで、’90頃までは持続していたように感じます。
ジャニーズはそれ以降、忍者がデビューを引き伸ばしすぎたため、すぐ失速し、SMAP・KINK KIDSのブレイクする
’95頃まではやや低迷期に入ります。

個人的に順位をつけると、
光GENJI>マッチ>チェッカーズ>トシちゃん>SMAP>嵐>KINKI KIDS>少年隊>KAT-TUN
です。

質問した人からのコメント

2010/8/4 21:16:19

成功 皆さんにBAを差し上げたいのですが、現代アイドルとの比較など最も詳しく教えてくださったyukinaさんに決めさせて頂きました。とても分かりやすかったです。yukinaさん、皆さん、どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a_y********さん

編集あり2010/8/322:09:44

1番田原俊彦、近藤真彦、野村義男の順だと思います。田原は歌って踊れるアイドルの典型です。マッチは踊れません。田原は何よりジャニーさんが寵愛していました。縦社会のジャニーズでは田原がトップだと思います。しかし、レコード売り上げでは田原より近藤が毎年上回っていましたから。2番野村義男のバンドの代表曲「気まぐれOne Way Boy」ドラマ金八先生、ただいま放課後、セーラー服通り。3番田原俊彦、近藤真彦、光GENJI、チェッカーズの人気順。個人的見解です。芸能界はやっぱり事務所の力です。過去の捏造なんか朝飯前

sof********さん

2010/8/316:56:23

説明はほとんど前の方々が言われているので
私の主観と、違った視点から少し。

①近藤真彦>田原俊彦>野村義男
で総合的にはいいと思います。
よっちゃんはたまにバックで演奏してるので見ますけど
トシちゃんて・・見ないような。
マッチはここ数年パタパタと出てますが懐メロに頼っている感もアリ。。
でもマッチは壮絶な人生を送ってきたりもしてるので今も応援してます!

②割愛します

③光GENJIぐらいまではベビーブームで生まれた
若い世代の人口自体が多かったので熱狂的なファンも
比例して多かったと考えてもおかしくないかもしれませんね。

マッチ・トシちゃん
-->ピーク時の私生活はベールに包まれていて男女交際ネタはタブー

チェッカーズ、光GENJI
-->アイドルでしたが、マッチ・トシちゃんに比べ少しだけ親近感の持てるポジションに変化

SMAPやキンキ
-->バラエティ効果もあり神秘的なアイドルではなく、親近感の持てるアイドル

あくまで私の主観によるものなので質問者さんと大きくズレてたら
スミマセン。。

ttt********さん

2010/8/300:28:54

前に回答されてる皆さんにほぼ同意です。
たのきんの順位については難しいですね。初期はいくらかトシちゃんが上でそのうちマッチが抜いたような?
とにかくたのきんは二人が二枚看板で正直ヨッちゃんファンは少なかったです。ただ彼は笑顔も可愛くて性格も良かったので誰にでも好かれる感じではありました。
当時たのきんの映画(アイドル映画)が大好評で、トシちゃんとマッチがそれぞれ主演の二本立てでした。映画館では三人のポスターが売られてましたがヨッちゃんだけ50円安かったです。
ただ今となってはギタリストのヨッちゃんは大活躍で、アイドル時代からずっとギタリスト志望だったことを思うとそのブレない熱意と才能に脱帽です。

mas********さん

2010/8/216:44:40

①3人の中でいち早くソロでデビューしたのは田原俊彦さん、トシちゃんです。
なので、たのきんの中では、やはり「トシちゃんが一番」ではないでしょうか。
その後、マッチこと近藤真彦さんがソロでデビューしますが、トシちゃんのソロデビューは悔しかったそうです。
また、俳優としてもトシちゃんは「びんびんシリーズ」で活躍しましたから、総合的にもトシちゃんかな、と。

②ヨッちゃんこと野村義男さんはバンドに拘っていたこともあって、2人に比べたら・・・というところでしょうか。
「THE GOOD-BYE」でデビューしましたが、デビュー曲を含む1~2曲、売れたかな、という程度の記憶しかありません。

③マッチやトシちゃんは一人で光GENJIくらいのファンを集めましたから、マッチやトシちゃんの方がアイドルとしては上でしょうね。
光GENJIは7人でローラースケートというアイテムを使い人気を集めましたし、チェッカーズも幼馴染7人でバンドという形態だったこと、当時ブームにまでなった衣装や髪型など、ブームを巻き起こす「アイテム的なのもの」がありました。
それを考えると、小道具なしのマッチ・トシちゃんの当時の人気は凄いな~と思います。

non********さん

2010/8/216:21:30

田原の方が一般受けしてたかも。マッチは硬派な感じでした。野村はピンで歌出してないですがたのきんコンサートでは歌ってました。ギタリストなんでそんなにはうまくないですが音取りはうまいです。笑顔がくしゃっとしてて可愛い系でしたね。今のマッスー的な…野村はあゆのバックでギター弾いてますよ!
当時のたのきんは凄かったです!嵐より上かも…チェッカーズや光より凄かった~もっともそんなにアイドルがいる時代ではなかったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる