ここから本文です

【100枚】エアブラシ塗装

ryo********さん

2010/8/620:37:04

【100枚】エアブラシ塗装

最近、ガンプラ製作のためエアブラシを購入しました。

エアーコンプレッサーは高かったのでエア缶を使用して
(元々そんなに使わないのでエア缶で十分)
エアブラシ本体9000円程度の3㍉のもので
その他のものはセットで買いました。


ところが、扱いが非常に難しく…

吹き付け時、思っていたより吹き付け面積が狭く、
さらに塗料が薄まっているので奇麗に塗装出来ない上、
↑の理由で「まだ薄いなぁ。」と思ってさらに吹き付けてしまい
塗料が垂れてしまったり
上手く吹き付けられてないので
吹き付けが出来ていない場所もあったり…

まあ、塗装後はそれなりに奇麗にできるっちゃあできるんですけど
やっぱりなんと言うか…吹き付けが甘いところがあって、
ネットで上手い人がやってるようにできません・・・

しかも、作業中に非常に手が汚くなってしまい、
塗装後に悩まされるばかりです。
流石にシンナーべちゃべちゃ手につける訳にも行かないですし。

何か上手く吹き付けられる方法ありませんか?



ついでにモールド彫りなんですけど
ケガキ針でよいでしょうか?
また、ペンライナーがあればペンライナーでもいいのですが
(ちなみに購入時のことです)


またさらについでにですけど
デカールって、PC上でどうやってデザイン作るのですか?
デカールのデザイン素材のあるサイトなどがあればいいのですが…
自分じゃ探しても見つかりませんでした



またさらのさらについでにですけど
パテって何を使ったらいいでしょうか?
今ポリパテのモリモリ君を使っているのですが
あまり使い勝手がよくなく、
手にくっついでベッダベダになる始末…
エポパテなどのほうがいいのでしょうか?

補足皆さん、本当に分かりやすい回答有り難うございます!
とても参考になりました。

皆さん素晴らしい回答で一番を決められないので
今回は投票でBAを決めさせていただきたいです。

これからもお願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
530
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wwk********さん

2010/8/701:10:20

エア缶自体は使用していると気化熱を奪われていくので、
だんだんと冷えて圧が下がってきます。
複数本用意して、なるべく同じような圧で吹けるようにするのが肝心です。
洗浄にもエアを使うので、可能でしたら安いコンプを購入した方が良いと思います。
ガンプラ程度の大きさでしたらプチコンあたりでも良いでしょう。

カラーを乗せるときは、先に角や奥まっている所に少しずつ吹いていき、
3~5回くらいに分けて吹いていけば垂れることも無いですよ。
同じ圧で、自分好みの塗料濃度、ハンドピースとの距離を変えてみる、
そうやっていけば上手くなっていくと思いますよ。

パーツに持ち手は付けていますよね?
それでも手が汚れるようであれば、ホームセンターに100枚\700くらいで
ポリやゴム手袋を売っているのでそれを使い捨てるのが良いですよ。
シンナーは体に良くないので肌が強くてもあまり触らない方がいいです。

>モールド彫り
私はスジボリ堂のBMCタガネを使ってます。オススメです。
他には入手性を考えるとクレオスからラインチゼルというものが出ているので、
そちらも候補に入れると良いかもです。
ケバキ針はテンプレートを使っての円を描くときにくらいにしか私は使わないですね。

デカールの原稿はイラストレーターを使っていますが、
無料ソフトでInkscapeというのがあるので、そちらも機能的に良いと思います。
フォトショ等のペイント系でやる人も居るようですが、
上のドロー系でやった方がキレイに出来ます。

パテは適材適所ですね~。
ポリパテは肉厚にしたりするのには良いですが、
形を作りたいとかでしたらエポキシタイプが粘土状で
コネコネしながらですからコントロールしやすいと思います。
使ってみて、やっぱり粘度が低い方がイイ!
とかでしたらクレオスのMr.SSP Mr.瞬間接着パテ(旧アルテコSSP-HG)
も便利ですので視野に入れてみても良いでしょう。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kas********さん

2010/8/701:09:13

吹きつけ面積については、おそらくエアブラシを塗装対象に近づけすぎが原因かと。
(それでも不満なら0.5mmを買おう)

あと「まだ薄いなぁ」と感じたら、一拍置いて他のパーツを吹いてましょう。
その間にパーツの塗料が半乾燥状態になり、再度吹きつけ可能になります。

…手が汚れるのは、パーツにもち手をつけてないのでは?
針金や割り箸の先に両面テープやクリップをくくりつけ、それでパーツを固定してからスプレーするのです。
当然パーツは棒の先なので手はさほど汚れません。
(塗装中は筆立てのような場所にもち手ごとパーツを乾燥させられるので便利)
簡易方法として、ダンボールに両面テープを張り、複数パーツを貼り付けて一気に吹き付けるという手もあります。

モールド入れは、きちんとガイドを貼ってからやりましょう。
パーツにセロテープの多重貼りや、テプラの分厚いテープを貼って、なぞるようにけがき針でけずっていけばOK。

デカールはいきなり自前デザインではなく、まず市販品を使いましょう。
どうしてもこのデザインが欲しい!となったら自作すればいいんです。


あともりもり君はそもそも素手で扱うもんじゃないよ。
ヘラで扱えるように特訓しましょう。
(どうしても手で扱いたいならエポパテ推奨)

kae********さん

2010/8/622:41:03

こんにちは。
まず、将来的にも模型を続けるつもりであるなら、コンプレッサーの購入をオススメします。
エア缶では圧力が均一になりづらく、圧縮ガス放出の際にはエア中に水分が混合気として出てしまうので、塗料に水分が混じります。
エアホースの中間に水抜きを取り付ければ改善出来ますが、圧力の不安定はどうしても改善出来ません。
この事も使いづらい原因になっています。

また、塗料の濃度も均一に作る必要があります。
毎回同じ濃度で塗料を薄めないと、毎回違う吹き味になってしまいます。

塗装時の手の汚れですが、100均などで極薄ゴム手袋が売っていますのでそれを使うと良いですよ。

モールドですが、ケガキ針では鋭角な線になってしまいますので、Pカッターやエッチングソーなどを使えるようになると良いですね。

自作デカールはイラストレーターなどで書いたものがほとんどで、そう簡単には出来ません。
印刷にも専用のドライプリンターが必要です。
でも、今は気の効いたデカールが発売されてるので、それを使えば良いのでは?

パテは用途によって使い分けが必要です。
自分的にはモリモリ君はかなり使い勝手が良いですよ。削るのも楽ですし、硬化も速いですよね。
その名の通り、もって使うのが良いです。
エポキシは硬度が高いので強度が欲しい所に使うと良いですね。

とこんな感じです。
参考になりましたでしょうか?
デカール自作・ブラシ塗装・パテ加工など行った、MGザクⅡを貼っておきます(^^;
参考程度にどうぞ。

こんにちは。
まず、将来的にも模型を続けるつもりであるなら、コンプレッサーの購入をオススメします。...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる