前田利家が徳川家康より長生きしていたら、豊臣家の天下は続いたんでしょうか?

前田利家が徳川家康より長生きしていたら、豊臣家の天下は続いたんでしょうか?

日本史1,279閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

加賀藩三代主・前田利常(利家の息子)は「前田が徳川の下になったのは結局はどちらが長く生きたかだけの事である。前田家は家康に取り立てられたわけではないので他の大名達とは別格だ」と話しています。 実際、家康が豊臣政権下では官位や石高などが頭一つ抜きん出ていて、対抗きるとしたら利家しかいなかったと思います。 利家が生きてる間は家康もことを起こさなかったので・・・。その家康が利家より先に死んだとなると利家が秀頼を元服するまで補佐して(実際、利家は秀頼の後見人・もり役)、豊臣政権は存続したと思います。 まさか利家が豊臣を乗っ取ろうという野心は無いと思うので。 ただ、利家が死んだ後はこれまたどうなるかわかりませんが・・・。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

利家は天下人の器では無かったでしょうが、家康に対して睨みを効かせれた最後の人物だと思ったので質問させて頂きました。 いずれにしても、豊臣の天下は長くは続かなかったみたいですね。 他の方たちもご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2010/8/10 8:08

その他の回答(7件)

0

前田利家こそ過大評価もいいとこだろうな。。。。。。。。。。。 ドラマの見すぎだよ。。。。。。。。。

0

あくまで利家の心が豊臣家を盛り立てに集約されると過程すると、 ・秀吉小飼の大名達の対立を抑える。 ・5大老の毛利・宇喜多・上杉と協調して家康を抑え込む。 ・秀頼後見として家康が死ぬまで大坂を守る。 が出来れば! ただ、家康は五大老筆頭として、どうにかして利家だけを失脚させる手を考えると思うので(現にしていた)、それに応戦して上杉・宇喜多あたりと結託して秀頼を大義名分にして、徳川を潰すほどでないと。 関ヶ原も利家が主導なら西軍に付く大名も増えてたかもしれませんし。

0

利家と家康では格がまったく違いますので、もし家康が先に自分の死期を悟ったとしたら、、、 早急に利家を始末したことでしょう。 利家は、賤ヶ岳で柴田勝家を裏切って秀吉についたように、日和見でのし上がった面もある所詮は脇役の人です。 大河ドラマ「利家とまつ」では最終話近くになると、、、 「よ~~し、天下とるぞ~~!~~やっぱ、や~めた~~」 「よ~~し、こんどこそ~~!う~~ん、やめよ~~」 こんな感じで、非常に情けない展開となっていました。 美化して描いたとしても、こんな感じなので、、 そもそも、愛の前立ての人同様、大河で描くこと自体無理がある、、、 やっぱり脇役の人です。天下人の器ではありません。 でももし、家康が利家より先に死んでいたとしたら、、 またしばらくは戦国の世が続くことになりますので、、、(前田家では、毛利、伊達、黒田などを抑えきれない、) 日和見の 前田家はきっと次のご主人様を探したことでしょう。 豊臣家はもう力を失っているので、ご主人様にはなれません。

0

そういう人物がずいぶん、たくさんいますね。 豊臣秀長、前田利家、蜂須賀小六、竹中半兵衛など