ここから本文です

妊娠中からできるアレルギーの防止について教えてください。 現在、2人めを妊...

hmy********さん

2010/8/707:53:15

妊娠中からできるアレルギーの防止について教えてください。

現在、2人めを妊娠(7週め)しています。
上の息子がアトピーと、強い卵アレルギーがあり、除去食などのケアをしています。

アトピーやアレルギーの原因が特定されていないのは理解していますが、
もし、妊娠中からアトピーやアレルギーを防ぐために何かできること、
もしくは何かを試した経験談がありましたら、教えてください。


ちなみに、息子を妊娠中の初期はツワリがひどくて、あまりバランスの取れた食事ができていませんでした。
今もツワリがありますが、まだ軽い段階です。

私にアトピーもアレルギーもありませんが、
夫が思春期の頃、アトピーとアレルギーだったそうです。


ご回答、よろしくお願いします。

閲覧数:
1,258
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

q_d********さん

2010/8/708:04:47

卵と牛乳は
母体が過剰に食べ過ぎた事によりアレルギーになるケースがあるそうです。
卵アレルギーを持つ子どものママさんは結構心当たりある方多いみたいです。

なので
卵は1日2個まで(1個が望ましい)
牛乳は1日1杯まで
を目安にすると良いみたいですよ。
その外は分からないですが
いろんな食品をまんべんなく食べる事が大切だと思います。

悪阻大変ですよね…
私も大変でしたが
極力違う食品を食べるようにしてました。
頑張って下さい。

質問した人からのコメント

2010/8/15 01:22:55

降参 回答ありがとうございます。
やはり、当たり前に規則正しい食生活をするのが一番なのでしょうか。
ツワリの時期は、どうしても吐き戻してしまうので、落ち着いたら、偏りのない食事を心がけたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

林隆博さん

2010/8/1019:22:48

妊娠中からのアレルギー予防とのことで、私の専門分野ですのでアドバイスさせていただきます。最初に自己紹介を致します。私は、静岡県焼津市で子どものアトピーとアレルギーを専門に20年以上診続けている医師です。

今回のケースでは、北欧の医学会が推奨している、妊娠中からのプロバイオティクス乳酸菌(生きたビフィズス菌+乳酸桿菌粉末)の内服で、赤ちゃんのアレルギーとアトピーを半分以下に予防できるとのデーターがあります。

妊娠中に母親が生きたビフィズス菌+乳酸桿菌のプロバイオティクスを内服して、赤ちゃんには生後6~12ヶ月の期間プロバイオティクスを内服させると、赤ちゃんのアトピー・アレルギーの予防が出来るという医学報告がたくさん出ています。

妊娠中・授乳中の食事制限は苦労が多い割にアレルギーに対する予防効果が少ないので、近年では欧米のアレルギー学会では推奨されなくなってきています。手前味噌ですが、小生が発見・発明した《ベストトリム乳酸菌》こそが、このような妊娠中のお母さんの悩みを晴らし、苦しみから救う、素晴らしい発見だと自負しております。

詳しくは、小生のブログに書いておきましたので、時間が有ればお読み下さい。
http://blog.goo.ne.jp/119c

hot********さん

2010/8/708:00:23

あなたの状態を知らない他人の意見を鵜呑みにしていいんですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる