ここから本文です

今日、胃カメラを飲みました。去年の秋から吐き気に悩んでいたためです。結果は軽...

caf********さん

2010/8/719:13:00

今日、胃カメラを飲みました。去年の秋から吐き気に悩んでいたためです。結果は軽い胃炎とのことで、薬で治療していくことになりました。

しかし、家に帰ってからネットで胃炎のことを調べていると、慢性胃炎の場合はピロリ菌に原因があることが多いとのことでした。私は検査の前に「ピロリ菌のことも調べてください」と言わなかったので、ピロリ菌に関しては何も調べてもらえなかったのでしょうか。それとも、胃カメラをやれば自動的にピロリ菌のことも調べてもらえるのでしょうか。気になって夜も眠れなそうです。どうかご回答お願いします。

閲覧数:
6,180
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

drp********さん

2010/8/800:45:55

. 今日、胃カメラを飲みました。結果は軽い胃炎とのこと
⇒とりあえず、たいしたものがなくてよかったですね。

慢性胃炎の場合はピロリ菌に原因があることが多いとのことでした。
⇒慢性胃炎と一口に言いましても、表層性胃炎の場合と萎縮性胃炎の場合、またこれらが混在する表層性萎縮性胃炎の場合があります。日本ヘリコバクター学会ガイドラインでは、萎縮性胃炎がある場合のみ、除菌推奨グレードBとなっています。実際の臨床の現場では表層性萎縮性胃炎が圧倒的に多いですが、若い患者さんは表層性胃炎だけの人がかなり多いです。よって、この場合は除菌の推奨レベルCからDということになります。
ちなみにグレードはA、B、C1,C2、Dまでの5段階分類となっており、心配されておられる慢性胃炎が仮に萎縮性胃炎ならグレードBで「科学的根拠があり、行うよう勧められる」にあたりますが、他の方も書き込まれているように、この病名では現在のところ保険適応にはなりません。
参考までにAは「強い科学的根拠があり、行うよう強く勧められる」で、ここに1)胃潰瘍,十二指腸潰瘍 (2)胃MALTリンパ腫 が入り、本年度より1)のみならず2)、さらに血液疾患ですが、特発性血小板減少性紫斑病も除菌の保険適応を取得しています。

胃カメラをやれば自動的にピロリ菌のことも調べてもらえるのでしょうか。
⇒他の方の書き込みどおり、これに関してはNOです。医師が自動的に調べるのは、上記グレードAの疾患の場合のみです。その際も、自動的にというか、患者さんにはきちんと内視鏡中にその旨説明してから組織を2箇所から採取し、迅速ウレアーゼ試験を実施します。

私は検査の前に「ピロリ菌のことも調べてください」と言わなかったので、ピロリ菌に関しては何も調べてもらえなかったのでしょうか。
⇒グレードAの疾患がなかったことと、おっしゃるとおり「ピロリ菌のことも調べてください」と言わなかったためです。内視鏡予約の際に、あるいは施行直前でも構いませんので、患者さんからピロリ菌のチェック希望があった場合には、除菌適応の疾患有無に関わらず、迅速ウレアーゼ試験を実施しています。もちろん保険も利きます。ただし、費用もかかる検査ですから、患者さんの意向抜きにして自動的にはやれません。
他の方も書かれている様に、どうしてもご心配なら、内視鏡以外にも方法は大きく分けて3通りあります。
①尿素呼気試験②抗H. pylori抗体測定(血清or尿)③便中H. pylori抗原測定です。
診断精度に関してはどれも大差ありませんので、希望の方法で病院で施行してもらえばいいと思います。これもちゃんと保険は利きます。
ただ、胃薬をもらったということなので、その内容にもよりますが、薬の種類によっては、薬剤中止後2週間は間隔をあけないと①は偽陰性が出る可能性がありますので、その辺は医師と相談して下さいね。
ただし、この場合は除菌には保険が利きません。
後悔先に立たずですが、事前にピロリ菌のチェック希望を出しておけば、仮にグレードAの疾患がなくても、迅速ウレアーゼ試験の結果が陽性ならば、保険適応で除菌はできました。医師がカルテの保険病名欄に、胃潰瘍なり十二指腸潰瘍なりの病名とともにヘリコバクターピロリ感染症と書けば済むことですので。かく言う私も、グレードB+ウレアーゼ試験陽性で、患者さんの希望があれば、保険をきかして除菌しています。保険の監査の先生方もその辺の良識はありますので、削ってきたりはしませんので、普通に除菌してさしあげています。ただ、原則保険適応はないので、あえてこちらからグレードAの疾患がない患者さんにヘリコバクターの検査をお勧めするようなことは流石にできないというのが実情です。
この場合は内視鏡+ウレアーゼ試験施行が絶対条件ですので、上述の①②③の検査で、ヘリコバクターピロリ感染症と確認しただけでは、除菌に保険を使うのは無理です。
質問者様の場合、幸い内視鏡的にはたいしたものはなかったようですし、ヘリコバクターピロリ感染症=即胃癌という訳でもないので、どうしても心配なら上記①②③検査を。来年も定期検診する予定があるのなら、その際に今度は事前にピロリ菌のチェック希望を出しておき、仮に陽性だとしたら保険で治療してもらえばいいのではと思いますが、気になって夜も眠れなそうというのでは、そんなに待てませんかね?
ピロリの除菌はもちろん大事ですが、それよりも毎年の検診の方がもっと大事と思いますが。
あとは、ご自身の御判断にお任せしますね。
以上、少しでも質問者様のご参考となれば幸いです。
日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器内視鏡学界専門医
からのコメントでした。

質問した人からのコメント

2010/8/8 09:05:18

感謝 とても詳しく教えていただき、ありがとうございました。いずれかの方法で、ピロリ菌の検査をしてもらうことにします。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

net********さん

2010/8/721:28:03

胃潰瘍と十二指腸潰瘍の場合のみ、ピロリ菌の検査や除去が
健康保険適用となります。
胃炎の場合は、ピロリ菌の検査や除去が全額自己負担となるため、
胃カメラを飲んで自動的にピロリ菌検査をされることはありません。

私も、胃カメラで慢性胃炎が見つかった後、全額自己負担で
あることを伝えられた後、ピロリ菌と検査と除去をしました。
ピロリ菌への感染歴は、尿検査や血液検査でピロリ菌に対する
抗体の有無を調べることでできます。尿検査は30分で結果出ます。
検査が5千円くらい、除去の薬が1万円ちょっとです。

orc********さん

2010/8/719:26:23

胃カメラを施行した全員にピロリ菌の検査をするわけではありません。胃潰瘍があれば普通はやるでしょう。ピロリ菌の検査は胃カメラ以外でもできますので心配ならやってもらうことはできると思います(しかし病状によっては健康保険がききません)。また仮にピロリ菌がいても、胃潰瘍がなければ除菌療法は保険適用外です。

プロフィール画像

カテゴリマスター

sem********さん

2010/8/719:25:13

胃内視鏡検査で、自動的にピロリ菌を検査することは有りません。医師の判断でお誘いすることも有りますが、医師の判断で実施しなかったのでしょう。
ピロリは呼気検査でも、血液検査でも実施できるので気になればそう言った方法で実施すれば宜しいのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる