ここから本文です

中小企業診断士一次試験に自己採点で多分合格したのですが、 今後養成課程を経て...

rok********さん

2010/8/1110:58:57

中小企業診断士一次試験に自己採点で多分合格したのですが、
今後養成課程を経て資格取得をしたいと考えてます。
1そこで中小企業大学校の選抜内容と、
2登録養成課程のある大学、専門学校へ行く
のどちらがよいか?を教えてください。また、日本マンパワーの登録養成課程はどこで受講できるのか、また、費用はどのくらいかかるのか、をご存知のかたはぜひ教えて下さい。
ちなみに、当方中国地区在住で、大学校で資格取得した先輩を多くもつ金融機関勤務です。
人員不足の感が強くなってますので会社に負担をかけない方法で上席者に提案したいと考えてます。もちろん二次合格が最も負担が少ないのは存じ上げております。
よろしくお願いします。

閲覧数:
6,679
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

esu********さん

2010/8/1618:01:06

養成課程にどういう目的で行かれるかでしょうね。マンパの養成課程はHPで調べてください。1年コースだったと思います。中小企業大学校は半年コースで全寮制(ほぼ強制)で東京校のみです。その他、東京には半年コース(全日制)の民間とマンパのような1年コース、名古屋は中産連の1年コースがあり、あとは大学院の併設過程が有りますが、ここは2年コースが多いです。

大学校は半年で120万ほど(寮費食費で同額は掛かります)で、他の民間は230万円程です。これに交通費や、実務実習費用が別途掛かりますので、あと50万から100万は見ておく必要が有ります。

また、大学校は募集人員枠が40-80名と少ないため、殆ど企業の推薦枠で一杯になるとのうわさ(確度が高いうわさ)ですので、会社の推薦にして貰う必要が有ります(会社からの派遣)。貴方の会社は先輩が行かれているならその枠が有るかも知れませんね。

2次試験合格後には実務補習が、民間は20日間の実務実習が有って、この間は会社は休む必要が有ります。全日制の大学校や民間は半年間は休職などの扱いが必要と成ります。

そこまでして、取る目的を明確にしておきましょう。企業内診断士なら2次試験で十分です。ペーパー試験突破と半月間の実務補習で資格を取ってその後に勉強されれば良いのではないですか。コネ作りもそれからで良いと思います。

養成課程はコネ作りには手っ取り早い(講師はその学校の地域の実力者が多い)し、独立開業指向が多いです。もっとも、一部に金で資格を買うような不心得者がいるようですが。独立志向なら、半年から1年を過ごす勉強仲間や、数十人の先生は、資格取得後のサポートとして心強いでしょうけど。企業内診断士では元が取れるんでしょうかね。

診断士は、名称独占資格ですので、コンサルや企業診断なら誰でも出来ます(一部国の業務を除く)し、診断業務では飯が食えません。私の先生が例えてくれましたが、診断業務は医者で言うと人間ドックのような物。どこが悪いのここが悪いと言われても企業が知りたいのはその治療方法。そのときに、答え(治療方針、方法)を具体的に持っていないと、次からは呼んでもらえないよと。先生身体がだるいんです。ああ、血圧が高いねえ、では安静にしてなんて言っては、そんな事わかっとるわい。安静に出来ないからコマっとると言われてしまいます。そんな診断士が多いのでねえと嘆いておられるけど。そんなノウハウの取得をお望みなら良いですけど。聴診器の当て方から、手術方法まで手取り足取り教えてくれますけど、企業内診断士には当面不要な事が多いですし、結局知識を使うセンスがあるかないかですけどね。従って、養成課程を1年経ったら資格がもらえる学校と勘違いすると、出ても何にもならないことになります。

養成課程の授業だけでも800時間に、予習復習と実務実習前後のまとめや事前調査時間(仕事が忙しいと徹夜も何度かあり。そのハードさに耐えられるか健康診断提出義務が有るところもあります)、通学時間を含めると、資格の取得のみなら数年は掛かるでしょうけど、独立開業まで時間があるなら、または企業内診断士なら、「人員不足の感が強くなってますので会社に負担をかけない方法で上席者に提案」なら、2次試験突破の方をお勧めをしますけど。

質問した人からのコメント

2010/8/16 21:10:41

降参 事細かくご説明頂き誠にありがとうございました。金融機関に勤めていますので資格取得後は地元企業の再生に努めていきたいと考えております。確かに二次試験取得が負担が少ないと思ってますので十月まで二次試験のために精一杯勉強したいと思います。ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる