ここから本文です

電気自動車ってありますよね それに使う電気は石油から作られてるって 聞いたこ...

ilb********さん

2010/8/1214:08:27

電気自動車ってありますよね
それに使う電気は石油から作られてるって
聞いたことがありますが、
それでもエコになるんですか?

また、それに関するホームページがあれば
教えてください!!

お願いします!!!

閲覧数:
501
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gal********さん

2010/8/1220:35:33

石油火力発電は発電時に1kWhの電力あたり約700gのCO2を排出します。
実は石油火力はあまり主流ではなく、LNG火力が主流で、そちらは約600gのCO2を排出します。
現実的には家庭に来る電力は水力や原子力による発電分も含まれますが、すべてが火力発電によるものと仮定しましょう。
なお、電池の充放電効率は85%程度なので、それも考慮する必要があります。

日産リーフの場合、渋滞を含む市街地を走行した場合、6.5km/kWh程度の「電費」になると予想されます。
市街地の渋滞に電気自動車は強いので、カタログ値くらいは走ってしまうのです。
一方、ガソリン車は渋滞が苦手。カタログ値の半分になってしまうことも珍しくありません。
すると、石油火力の場合、127g-CO2/km。LNG火力の場合109g-CO2/km。
リーフと同じ大きさのガソリン車で市街地を走行した場合は、10km/Lの燃費になるので232g-CO2/kmです。
ですので、電力がすべて火力だったとしてもガソリン車の半分程度のCO2になるので、十分エコだといえます。

走行場面を変えて高速道路走行を考えてみます。
ガソリン車は高速道路走行が得意で100km/h程度で走行をすると、燃費は15km/L程度まで伸びます。
しかし、電気自動車は市街地よりも若干電費が低下します。
ここでは5.5km/kWhとします(これ以下の電費になることは少ないと思いますが・・・)
すると、ガソリン車は155g-CO2/km。石油火力の場合150g-CO2/kmで、LNG火力の場合で128g-CO2/kmになります。
これを見ると、高速道路だと3~18%程度のCO2削減効果しかないことがわかります。

日本の場合、高速走行の割合が非常に小さいので、電気自動車に向いているといえます。
なお、バッテリーを生産するときにCO2が出るのでは?という話題がありますので少し触れておきます。
電気自動車を生産すると、ガソリン車の約2倍のCO2が出ます。
大きなバッテリーの生産ではCO2がたくさん出ますが、電気自動車の場合、
エンジンやトランスミッションなど複雑な部品を生産する必要がなくなるので、結構エミッションが減る部分も多いのです。
確かに生産時のCO2は電気自動車の方が多いのですが、
走行中のCO2削減効果で5万km程度のうちには回収できてしまう程度のものですので、それをもって電気自動車はエコではないというのは間違いです。

質問した人からのコメント

2010/8/19 19:30:43

降参 有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

lun********さん

2010/8/1510:55:10

火力発電所で発電する場合は石油やガスを燃しますので炭酸ガスが出ますが、逆に言うと発電所からしか出ません。発電所の効率はエンジンの数倍良いため電気で動かせると同じ距離走っても燃料が数分の一で済むことになります。また、発電所なら炭酸ガスを回収するのも比較的容易なため今後装置が改良されれば炭酸ガスの利用が進むことが期待されます。

nor********さん

2010/8/1217:36:14

今の「エコブーム」では、
「走行時の二酸化炭素排出量が少ない」ことが「エコ」なようですので、
そういう意味では「エコ」となるでしょう。

ただ、製造や廃棄時に排出される二酸化炭素や、
電気を作るのに排出される二酸化炭素の量、
等も含めて考えないと、本当の「エコ」とは言えないのではと、
常々思っています。

日本の発電量に占める火力発電の割合は1/3程度ですが、
電気自動車の燃料である電気を作る段階で、
二酸化炭素が排出されていることにはなります。
そこを無視するのは、どうなのでしょうか・・・?

車まで電気になってしまえば、今以上の発電所が必要となります。
水力発電所はもはやダムを作れるような河川がないそうですし、
原子力発電は地元の反対も多そうです。
風力や太陽光などの自然エネルギーによる発電量は、
火力・原子力・水力と比べて、極僅かなものであり、
それらの発電所の代替になるとは到底思えません。

ついでに言えば、二酸化炭素排出量さえ少なければ、
他のものはどうでもいいのか?という疑問もあります。

原子力発電所は二酸化炭素を出さないからエコと言っても、
より処分に困る放射性廃棄物が出ます。
風力なら、風をさえぎる物のない開けた場所、
つまりは自然豊かな場所を切り開いて作ります。
ダムはいわずもがな。
そういうことを考えると、本当の「エコ」ってなんだろうと思います。

二酸化炭素以外の排出物等も考えて、
総合的にどれだけ「環境を汚染するのか」という指標が必要でしょう。

数世代前の、某ハイブリット車も10万km以上走らない限りは、
製造・廃棄時の二酸化炭素排出量が多い為に、
同クラスガソリン車よりも、「エコ」ではないですし。

「ハイブリットだから、電気自動車だから、エコ」
と言っているようでは、到底その様な「指標」を作ろうなんて無理なのかもしれませんが。

tum********さん

2010/8/1215:00:09

下記サイトにあるように、火力発電は全発電量の1/3程度だ。そのうち石油火力は10%。
http://www.nifs.ac.jp/study/energy/060828_5.pdf
そういう意味では電気自動車の電気は石油から作られているというのは、正しいとはいえない。

しかし、電気自動車は街の中を走り回っても排ガスを出さないし、ガソリンで走る車よりもはるかに燃費が良いと言われています。
http://allabout.co.jp/gm/gc/6887/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる