ここから本文です

現在、EOSS KISSを中古で購入し、レンズはシグマ70-300mmF4-5.6DG MACROを使...

ich********さん

2010/8/1900:00:06

現在、EOSS KISSを中古で購入し、レンズはシグマ70-300mmF4-5.6DG MACROを使用して主に子供のサッカーを撮影しているカメラ初心者です。入門用にと現在のレンズなど比較的安いものを購入しましたが、レンズ

の性能上しょうがないものと思いますが、サッカーなどを撮っていてどうも写真の輪郭がパッとしない写真ばかりです。写真好きの知り合いに相談したらレンズがそれじゃあしょうがないと言われました。
輪郭がパッとしないのはやはりレンズのせいでしょうか?それとも何かカメラの設定で解決できるものなのでしょうか?
レンズのせいでしたら皆様教えて下さい。サッカーなどを撮影するのに比較的安価で輪郭がくっきりと出る望遠レンズがありましたら教えて下さい。
今のものより性能が良いレンズを色々と勉強したいので多くの情報をよろしくお願いします。

補足お答えいただいている方々、ありがとうございます。
輪郭がパットしないの意味がわかりずらいので補足します。
シャープに写らないという意味です。
このレンズだとしょうがないのでしょうか?
よろしくおねがいします。

閲覧数:
328
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kuw********さん

2010/8/1907:03:50

こんにちは。
現在お持ちのカメラ・レンズで子供のサッカーの写真はきびしいですね。
現在一番無難な設定はISO800にして、モードはAVでF5.6(やりかたは知人かカメラ店で)
この設定での写真の仕上がりに満足行かない場合は新規購入ですね。
EOS KISSが初期、Nのタイプであればカメラも買い換えたほうが良いです。
動いている人物を撮るには性能が古くて対応できないのです。
EOS KISSがXシリーズならカメラはそのままでも可能です。
その場合、レンズメーカーはシグマでも良いですが手ぶれ補正の付いたものを!
この機能がないと、初心者の方にはきれいな撮影は難しいです。
カメラ店で300ミリまで行けるキヤノン用で手振れ補正の付いたレンズの
価格を教えて~です。
もちろん、キャノン製が一番高いですが仕上がり、ピントの合う速さは◎です。
ただ、シグマでもいいかなって思います。
( ^ ^ )/

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

フウシエさん

2010/8/2018:39:31

補足を見てお答えします。
それは、レンズが悪いのではありません。
EOS KISSは、ピクチャースタイルという機能が付いています。(メニューの中にあります。)
その中には、スタンダードというものがあって、それを選択すると、シャープネスや、コントラストなどの項目があると思います。その中のシャープネスを選択して、値を右にずらします。そうすると、シャープネスがMAXになって、問題解決になると思います。
もし、ピクチャースタイル機能がなかったら、(あるいはスタンダードやシャープネスなどの項目がなかったら)レンズの問題です。

nik********さん

2010/8/1910:17:36

「輪郭がパッとしない」の意味がわかりません。 ピントが合っていないのか? 手ブレしているのか? 被写体ブレしているのか? それらが同時に起こっているかもしれません。 適正なシャッタースピードで撮影されていて、あなたが「輪郭がパッとしない」と思うのなら それは、あなたが求めるレベルが高いということですから高いレンズを購入するのも悪くありませんが、もし、あなたがオート撮影・カメラ任せで撮影しているのなら レンズを換えても同じことが起ると思います。 ひとつの方法として、シャッタースピード優先AEにして、シャッタースピードを1/500で撮影すれば、ブレに関しては、かなり軽減されます。 レンズとしては純正の手ブレ補正付きあたりが次の選択肢となるでしょう。 それよりよいレンズもありますが、値段も高いです。

2010/8/1902:34:26

どこにもピントがあって無くて、全体的に流れているのであれば、手ぶれや被写体ぶれで失敗している恐れがあります。
一番の原因はシャッター速度が遅いことにあります。手ぶれは補正機能である程度軽減できても、被写体ぶれには効きません。

ぴったり止まった写真を求めるのであれば、少なくとも1/300秒のシャッター速度が確保できるよう、感度を上げて調整してください。

kom********さん

2010/8/1902:28:36

レンズの性能不足でピントが甘いのかどうかは、三脚を使用するかテーブルなどの上に載せてカメラが動かないように固定して撮影すれば分かります。
そのとき手持ちでも撮影しておき、自分が手ブレしないシャッタースピードを知っておかれるといいでしょう。

手ブレの次は自分のカメラのAFの性能も知っておく必要が有ります。
下記の「かんたん撮影ゾーンで連写」の数十枚と、一番下から5枚の写真を比較してください。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/longterm/2008/05/08/8432.html

明らかに色調もピントも違いますね。単に連写しただけと撮影技術を酷使して撮ったものとの差です。
被写体だけでなく背景やライティング(太陽光の位置)なども考慮して撮影しているため、上と比較すれば優れた写真になっている。写真の最も重要な撮影技術です。

レンズやボディーの性能が低くピントが合いにくい場合には、例えば7D+高性能レンズを使用するか、撮影技術でカバーするかのどちらかになります。
今のボディーに高価なレンズをつければ良くなる部分もありますが、レンズの性能が十分に発揮されないからもったいないし、安価なレンズで改善されることはあまり期待できないと思います。

結論として、静止している被写体を撮影してそのレンズのシャープさが満足できるかどうか確認する。
このとき70,200,300ミリなど度焦点距離を変えて撮影する。撮影距離は近距離、中間の距離、遠距離で撮影しておく。
また絞りも変えて撮影しておく。どのF値が最もシャープであるかを覚えておく。

下記の「絞りによる画質とボケの変化」 の画像で、F1.4とF5.6の2枚を別タブで開き、比較してください。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/longterm/20091006_319780....
絞り開放ではドコにピントが合っているのか分かりにくいですね。これはレンズの性能によるものです。しかし絞りを絞ればピントがはっきりしてきます。このように絞り開放付近では低画質でも絞りを絞れば高画質に変化します。被写界深度が深くなるようにF8~F11くらいで試してみてください。

上で手ブレなしの場合の画像が満足いくものであれば、動体撮影時のAFの性能が低くピントが合っていないことになります。
横方向に移動する被写体はピントの移動は少ないですが、前後に移動する場合はピントの移動量が大きくなります。自分のカメラのAFはどのような場合が弱いかを確認して、それを撮影に役立ててください。
一般的にカメラに向かってくる場合とカメラから遠ざかる場合とではAF性能が異なります。カメラが苦手な方向からの撮影は避けて、自分が移動してカメラが得意な方向から撮影するなど。
どうしてもカメラに向かってくる方向から撮影したい場合は、マニュアルで撮影位置を決めておいて被写体がそこに来たとき撮影する。

機材は使いこなしが重要です。自分の機材の欠点を理解し使いこなせるようになってから、それでもどうにもならない場合にボディーやレンズの購入を考えられていいのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる