ここから本文です

抗がん剤治療について

m5a********さん

2010/8/2402:51:54

抗がん剤治療について

先日、梨元勝さんがお亡くなりになりました。
癌とのことで抗がん剤治療をなさっていたようです。

デヴィ夫人がご自分のブログで梨元さんについて語っており、気になる点がありました。

以下、デヴィ夫人のブログより抜粋。

“私は抗がん剤治療をなさることに、大反対でした。何故なら、抗がん剤治療
は、猛毒で健康な良い細胞までも殺してしまう。そんな治療はやめて
いただきたかった。ご年齢からいっても、癌はそんなに早くは進まないはず。
ゆっくりと活動を続けながら余生を過ごし、天命に任せて長生きをして
いただきたかった。私は絶対抗がん治療には、大反対。
抗がん剤治療で癌が治った人はいない。死期を早めるだけではないでしょうか。”

と書かれています。
これは事実ですか?
抗がん剤の副作用などは知っておりますが、『抗がん剤治療で癌が治った人はいない』
とくにこの点が気になりました。
本当に『抗がん剤治療で癌が治った人はいない』のでしょうか。

ご教授お願い致します。

補足皆様、ご回答ありがとうございました。
どの方のご回答も為になりました。

ベストアンサーは投票とさせていただきます。
沢山のご回答ありがとうございました。

閲覧数:
7,911
回答数:
11
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kan********さん

2010/8/2417:16:02

デヴィ夫人のブログを読み、非常に憤りを感じました。
確かに抗癌剤治療を第一選択とされる場合は、ステージの進んだ手術不能症例な事が多いので、予後も不良に感じるかもしれません。また、副作用による化学治療死というものが存在するのも事実です。それでも中には化学療法が著効する患者がいます。そのわずかな期待と、抗癌剤によるリスクを天秤にかけて、抗癌剤治療を選択するかどうかは本人の意思次第です。(今の時代、強要する医師はいないと思います。)

問題は、このブログでは抗癌剤すべてが悪いように書かれていることです。これは誤っています。

★癌の中には、手術よりも、抗癌剤治療の方が効果があり、第一選択となるタイプのものがあります!
★手術可能な症例で、抗癌剤を併用した方が予後が著しくのびるタイプのものがあります。

抗癌剤治療といっても、薬剤、投与量、さまざまです。大して副作用なく、髪も抜けないタイプの抗癌剤も多々あります。

無知のデヴィ夫人が、このように抗癌剤すべてを否定し、それを読んだ現在化学療法中の患者が、不安を覚えてしまわないかが心配です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ari********さん

編集あり2010/8/2618:32:45

kana08252001さん

そうですね、医師は強要しません。
しかし、医師の示す選択肢が
「何もしなければ3ヶ月、抗がん剤治療を行えば、もっと生きられる(かもしれないし、そうじゃないかも)」
だとしたら、半ば強要でしょう。

また、確かに抗がん剤が効くがんはあります。

急性白血病
悪性リンパ腫(ホジキン病、中・高悪性度非ホジキンリンパ腫)
睾丸腫瘍
子宮絨毛腫瘍
小児がん

ですね。
しかし、寛解させられたとしてもほとんどの固形がんを根治させる事は出来ません。

梨元氏の場合、手術不可能という時点で根治はありません。
デヴィ婦人の発言はそうした病期の患者に、抗がん剤以外の選択肢、例えば、不快な症状除去だけの対処等を示していないのではないか、という疑問から出たものでしょう。

moc********さん

2010/8/2613:45:45

その通りです

かつて厚生労働省の医療課長が公の場で抗がん剤はいくら打っても効かないと内部告発してます

ではなぜやめないのか?

病院が儲かるからです

抗がん剤10ccで700万です

kok********さん

2010/8/2600:48:32

抗癌剤については、多種多様であり、一概には、言えないと思いますが、医師の80%近くが、自分や家族が癌になった場合、抗がん剤は、絶対に使用したくないと言っていると言うアンケート調査がありました。

確かに、抗癌剤を使用している最中に、こんなに早くなくなるはずはないのに?と首を傾げたくなる場面は、何度も経験しているという医師は大勢います。

梨本さんも、デビイ夫人に、8月20日の日、ご自身が電話を入れていたそうですから、その後、すぐに亡くなると言うのは、デビイ婦人でなくとも、素人でも、怪しいというか、おかしいというか?不可思議という感じは受けるはずです。

私の上司が腎臓の癌で、抗癌剤を使用していました、私は、上司から、どうせ来るならスイカを買ってきてほしいという電話を貰い買っていきました。上司は、少々、苦しそうでしたが、好物のスイカを3切れ食べ、冗談を交わしながら、点滴のスタンドをもって、病院の玄関まで、送ってくれました。その後、3日で上司は亡くなりました。奥さんから電話をもらったときは、人を脅かそうとしているのだと思って冗談を言っているのか?と思うほど、上司は3日まえは、元気でした。

ですから、デビイ婦人の気持ちは、よく理解できます。

確かに、抗がん剤は、毒じゃあないかと、その時は、思いました。

私は、自分の家族には、絶対に抗がん剤は使用したくありません。

又、よく、言われる5年生存率。あれも、眉唾物だという話しは、よく聞きます。

中咽頭癌という病気があって、その生存率などは、全くのデタラメだという話しは、耳鼻科界の常識だそうです。

以上、
詳しくは、判りませんが、大切な人には、抗がん剤はさせません。絶対に。

kok********さん

2010/8/2414:11:13

私の祖母は7年前に65歳で小細胞肺がんになりました。
手術が出来る状態じゃなく、抗がん剤とコバルトで治療を受け、4ヶ月で退院し、
7年経った現在まで再発の気配すらなく、とっても元気です。
祖母の場合は抗がん剤のみの治療ではありませんでしたが、
抗がん剤では絶対に癌は治らないことはないと思います。
また、抗がん剤治療も病状は勿論各人の体質や相性もあると思います。
私の祖母はその抗がん剤が体にぴったり合ったのだと思います。
髪は抜けてしまいましたが、副作用はそれだけで、食欲も落ちず嘔吐もなく、
むしろ本人は、副作用で動けなくなった時の為に体力をつけると言って入院前より食事量も増え、お医者さんがびっくりしていました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる