ここから本文です

警備員指導教育責任者について質問があります。 会社や上司から警備員指導教育責...

met********さん

2010/8/2414:00:06

警備員指導教育責任者について質問があります。
会社や上司から警備員指導教育責任者の1号業務の取得をすすめられました。
私は現在、警備の仕事を5年勤務している者です。この資格は個人で申し込みが出来て講習で取れると話を聞きましたが、まず受講出来る条件はありますか?そして講習期間はどれくらいで金額はいくらかかりますか?
そして講習終了後に試験を行う話を軽く聞きましたが、難易度はどれくらいで講習を受けただけで取得出来る資格なのでしょうか?もし、問題無く取得したら更新する必要はあるのでしょうか?色々とこの資格について分からない事がありすぎて質問させて頂きました。ご存知の方に詳しく教えて頂けたら嬉しく思います。宜しくお願いします。

補足補足で質問しますが、この講習で試験に落ちた場合は最初からやり直しになるのでしょうか?これについても教えて頂けないでしょうか?宜しくお願いします。

閲覧数:
53,976
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

puk********さん

編集あり2010/8/3119:40:06

警備員指導教育責任者の資格は、資格取得のための講習によって取得できます。
講習の受講資格は、
一 最近五年間に当該警備業務の区分に係る警備業務に従事した期間が通算して三年以上である者
二 警備員等の検定等に関する規則 第四条 に規定する一級の検定(当該警備業務の区分に係るものに限る。)に係る法第二十三条第四項 の合格証明書(以下「合格証明書」という。)の交付を受けている者
三 検定規則第四条 に規定する二級の検定(当該警備業務の区分に係るものに限る。)に係る合格証明書の交付を受けている警備員であつて、当該合格証明書の交付を受けた後、継続して一年以上当該警備業務の区分に係る警備業務に従事しているもの
四 公安委員会が前三号に掲げる者と同等以上の知識及び能力を有すると認める者
(警備員指導教育責任者及び機械警備業務管理者に係る講習等に関する規則 第3条より)
とあり、あなたの場合、受講資格があります。
ただ、受講の申し込みには、あなたの場合には一号に該当するので、警備業務の従事しているという証明書を会社から発行してもらわなければなりません。

あなたの場合、新規取得ということなので、現任教育の基本教育に該当する共通項目で、24時間ーつまり3日間受講し、業務別教育に該当する部分で、1号業務ということなので、23時間(3日間)受講しなければならず、合計6日間+修了考査の半日ですね。
ちなみに、指導教育責任者が、持っている業務以外の業務の指導教育責任者を取得しようとするとき、これを追加取得といいますが、この場合、共通項目は免除され、業務別の講習のみとなります。
業務別の講習の時間数は、業務ごとで決まっていて、2号と3号なら14時間、4号なら10時間です。

取得した場合、更新は不要です。
ただし、警備業を行うためには、警備員指導教育責任者の資格を持つものから指導教育責任者を選任しなければならないのですが、選任された指導教育責任者は、現任指導教育責任者講習を3年ごとに受講しなければなりません。
(警備業者に課せられた義務で、途中、指導教育責任者が変わっても、有効期間中は新たに受講する必要はないです)

修了考査は5択の筆記試験だけです。
ただし、1号業務の場合、ちょっと大変ですね。
共通項目では、警備業務検定と違います。
検定の場合警備業の実施に関する知識が問われますが、
指導教育責任者の試験の場合、これに加えて、指導や教育の知識が必要になりますし、
また、警備業法全般にわたる知識が必要になります。(1問くらいは、資格者証や認定証の返納や業法違反の場合の罰金の金額が出てくるかもしれません)
つまり、警備業の実施だけではなく運営という部分が付け加えられると考えてください。

また、1号業務の資格を取得した場合、その資格は1号業務を行っている業者ならばどこでも使える資格でありますので、
1号業務全般にわたる知識が必要になります。
実際に今、業務としてやっていなくても、機械警備業務、空港保安警備業務、保安警備業務等の業務の実施と運営についての問題が出てきますので、注意が必要です。

比較的ハードルが低い資格だといわれていますが、
大方の人が予習と復習をしているからこそ、合格率がある一定以上あるので、
予習と復習を怠ると、間違いなく落ちます。
(たとえば、機械警備業務の即時対応の規定や空港保安警備業務の根拠法や条例にまで言及した問題が出ます)

この知恵袋でも、警備業務検定などの資格取得で、楽勝という意見もありますが、
確かに、予習をせずに合格する人もいますが、予習をしなかった人は間違いなく落ちます。
その点は誤解をしないでください。

あと、落ちた場合ですが、警備業務検定の特別講習なら、1回だけ修了考査を後日、受けなおすことができますが、
指導教育責任者講習は、おちたら、1日目から講習を受けなおさなければなりません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

als********さん

2010/8/2421:44:25

指教責に限らず警備に関する資格の個人受講は不可能というわけではないけど、会社を通し警備業協会等の受講を行う事が一般的です。該当する号の警備に3年以上就いていれば受講できます。受講は1週間。最終日に試験。過去には追試制度があったけど今は無く、不合格なら次回最初の受講からやり直し。合格率は6~8割弱。
金額は合格後の費用等も含め6~9万かかりますよ。更新等は基本的になし。
問題に関しては5択。「全体の2割くらいは解らなかったけど解らなかった問題は全て2拓にまで絞れた」くらいに勉強しないとおっこちます

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる