ここから本文です

私は一人でイベント等にサークル参加をしたいのですが、友達に一緒にサークル作ろ...

sak********さん

2010/9/920:14:32

私は一人でイベント等にサークル参加をしたいのですが、友達に一緒にサークル作ろうと誘われました。 私的には一人の方が気が楽だしお金とかのトラブルなさそうで良かったですが…もぅオッケーしちゃいました;;
質問ですが、①サークルさんは何人くらいが一般的に多いですか?個人サークルって多いのですか?
②2人以上の人は友達とですか?姉妹とかの方いますか?
③個人サークルのメリット、デメリット
複数人サークルのメリット、デメリットを教えて下さい。
④2人以上の場合売り物は自分が作ったやつが売れた場合売り上げは自分ということになるんですか?それとも総売上を割り勘ですか?

長くなりましたが回答お願いします!

補足皆様回答ありがとうございました。
ベストアンサーは投票にさせて頂きます。すみません;皆さんとても分かりやすかったです。

閲覧数:
3,497
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mot********さん

2010/9/1023:42:22

今までに複数人数のサークルを複数と個人サークルをやったことがあります。

①個人の方が多いです。
初心者や学生にグループが多い傾向があります。
複数の場合、2人が多いと思いますが、4人以上のことも。

②友人、姉妹、同じ作品が好きな趣味仲間、等いろいろ。

③個人メリット・デメリット、複数人メリットは他の方が書いていらっしゃることと同じです。

複数人サークルについて、他の方の答の他にデメリットのトラブル例をあげます。

・金銭管理が一番大変。
計算が苦手な人や自分の財布とサークルの財布を分けない人など、お金の管理が苦手な人はいます。
イベント後、本の数と売り上げが合わないことがあります。合わないときに売り子をしていた人が毎回同じ人だと、本の万引きなのか計算ミスなのか本を勝手に誰かにタダで渡しているのか、疑うことになり、問題です。
お小遣いや収入は人それぞれなので、印刷予算やイベント参加費、交通費が釣り合わないと不満が出ます。

・締め切りや原稿ページ数、参加したいイベントの種類、在庫管理、印刷の希望など、本当によくよく話し合って納得しないと、誰かの意見が却下された場合や誰かが守らない場合はストレスになります。
同じ人ばかりが在庫を運んだり事務処理して負担になることや、逆に皆でやって途中で紛失やミスがあると責任のなすりつけ合いになることがあります。
イベントの申し込みをするはずの人が忘れたとき、原稿やイベントをドタキャンする人があった場合も問題。

・同じサークルの中で極端に人気に差が出た場合の精神的な問題。
二人以上でサークルを作った場合、誰か一人、または数人だけに人気が集中することがよくあります。
自分が人気だった場合、他の人がどんな苦しい思いをしているか気付かずに天狗になることがあります。友情はこじれて終わることも。
逆に自分が売れない場合、相手の実力を認めて納得し祝福し潔く自分が裏方に回れるならば大丈夫ですが、友人だけがいろいろな人から声をかけられ、ゲストの依頼を受けて忙しくなったり、アフターでの自分の居場所がなくなったり、相手に対して自分の意見を強く言えなくなることがあります。
本を買いに来る人のほとんどが相方目当てだったりするとイベント参加がつまらなくなることがあります。

④売り物と売上について。
個人誌ならその個人の売り上げ。
合同誌なら、作ったときの話し合いや分担や負担の割合どおり。
合同誌はトラブルの元になりやすいです。ページ数が偏ったり締め切りを破って本が出なかったり参加イベントに誰かが行けなかったりした場合どうするか、書面ではっきりさせておくほうがいいです。
印刷費の他にイベント参加費や遠方イベント会場への交通費、荷物の送料等たくさんのお金が必要なので、それら全てを本当に割り勘でいいのか、最初に話合う必要があります。
割り勘だったら、どちらかが損をしていると感じ始めたらたいていサークルは終わります。

トラブルが起きた時に冷静に対処でき、金銭的に余裕があり、相手との友情を守りとおせるなら複数人サークルは盛り上がります。
が、一旦亀裂が入るとその後の同人活動にまで影響が出る可能性があります。(他の友人との関係やイベント会場での気分まで左右される可能性も)
今からでもじっくり話し合いをお勧めします。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yuy********さん

2010/9/922:38:23

①私が見た感じでは圧倒的に個人サークルが多いです。
その次に2人サークル。次に3人以上あるいは、サークルは別々だけどほぼ毎回合同サークルとして参加している、って感じですね。

②知り合いに2人サークルの方か何人かいますが、どんな関係かはよく知らないです……。友人あるいは姉妹ってのが多いと思います。
よく知っている2人サークルさんは友人関係ですが、元々は別々の個人サークルでした。イベント参加頻度や発行数の関係か、数年前から一緒にサークル参加してイベントに来ています。

③個人サークルのメリットは、自由にできることですね。イベント参加や作品を発行する頻度、ジャンル変更なども自分の意思のみで決定できます。
特に、イベント参加は「今回は一人で行ってくる」とか、発行頻度も「今回は個人誌だけの発行にする」とかすれば、メンバーとイベント参加頻度や原稿のスピードが合わなくても対応できますが、ジャンル変更なんかは特に致命的になると思います。
デメリットは、一人でやらなきゃいけないって事かなぁ。でも、知り合いにちょうどいい人がいれば、入稿方法やイベント申込のあれこれをアドバイスしてもらえたり、イベントの時に売り子をお願いできる事もあります。そういう知り合いがいないとデメリットと感じます。

複数サークルのメリットは、初めてで不安なことも、みんなでやれば助け合えるし楽しいと思います。
あと、サークル参加にはスペース代などがかかりますが、割り勘すれば一人当たりは安くなります。合同誌も割り勘すれば負担が少ない。
デメリットは、金銭トラブル、活動方針の不一致ですかね。仲良しの友人同士だとしても、お金の問題は深刻化すると大変なことになります。各個人のジャンル熱の温度差も悲しい事になってしまうかも。。。
また、合同誌を発行する場合、テーマが決まらないとか、誰かが締め切りを破ったせいで発行できなくなったとか。

④本人達の自由なので、話し合って皆が納得できる方法で。
一般的と思うのは、個人誌は各個人で、合同誌は割り勘、ですかね。割り勘の場合は印刷代も割り勘しましょう。売上が入ってからではなく、支出の時にきちんと合わせておくのがいいです。
個人誌と合同誌を一緒にスペースに置くようでしたら、メモなどで売上数をきちんとメモする事が大切です。

一人でやりたいと思うなら、今からでも断るのも一つの手です。
初めてであるなら色々とわからなくて心労もたまるでしょう。複数サークルの方が気にしなければならない事が多くて大変なように感じます。
もちろん複数サークルもいいですが、お友達とは別々で個人サークルとして始め、しばらくはお互いに協力し合ったり合同サークル(複数のサークルで1スペースをとる)や、合同参加(隣接で1スペースずつ申し込む)などをしてみては如何でしょうか。

iku********さん

2010/9/922:37:47

>①サークルさんは何人くらいが一般的に多いですか?個人サークルって多いのですか?
個人サークルの方が多い印象です。ジャンルにもよるかも知れませんが、私のジャンルは殆どが個人で活動されてる様に見えます。
複数人数の時も、多人数サークルというよりは個人サークル複数の合体サークルの様です。

>②2人以上の人は友達とですか?姉妹とかの方いますか?
私は友人との2人サークルです。ジャンルが合えば姉妹でやる方もいるかと。

>③個人サークルのメリット、デメリット
メリットは全て自己責任で活動できること。金銭管理も簡単だし、ジャンルが変わったら気兼ねなく移動できる。
デメリットは売り子がいないと買い物に行けないこと。

>④2人以上の場合売り物は自分が作ったやつが売れた場合売り上げは自分ということになるんですか?それとも総売上を割り勘ですか?
私のサークルでは1人が釣り銭を用意して、売った本はその場で数を記録します。
最後に釣り銭係が売り上げを個人分計算して個人売り上げを手渡す、といった感じです。
合同誌の場合は初めから印刷代を半分にしている事が殆どなので、売り上げも半分で計算します。

正直複数で活動してるともめるとめんどくさいです。
本当に気が合う方で無ければ続けていくのも大変ですし。

its********さん

2010/9/921:59:35

1)年齢層にもよるでしょうが、多いのは自分1人の個人サークルです。

2)それぞれですよ。友人同士もいれば兄弟姉妹もいるし、学校の先輩後輩もいます。
私の友人達の中には、夫婦でやってるところも幾つかあります。

3)個人サークルのメリット:自由が利くのが一番。金銭や締めなどのトラブルも一切無し。マイペースでの活動が可能(なので、学生時代複数人のサークルでも、社会人になって時間が合わなくなって個人になる人が多いのです)

個人のデメリット:サークル参加の際、スペースを離れにくい。

複数人サークルのメリット:同じ趣味嗜好の人間同士なので、集まるのが楽しい(反面、一度トラブルになると修羅場を見るそうです…)
イベントのスペースも交代で見る事が出来るため、買い物がしやすい。

複数人のデメリット:原稿の作成スピードが合わない場合、サークルの会誌が作りにくくなる。
上記のように、一度揉めたら後々大変。
サークルの売り上げも、よほど管理がしっかりしてないと、揉める元になります。

4)複数人でも、メンバーが自分で作った「個人誌」の売り上げは、あくまで描いた本人の売り上げになります。
割り勘になるのは「サークルの会誌」ですね。
その場合、売り上げの分け方は事前にとことん話し合わなくてはなりません。
原稿のページ数で割合を決めるとか、あるいはページ数に関わらず人数で割るか。
(例えば、描く人と編集する人が別の場合、単純にページ数で割ってしまうと、編集者には一円も入らない事になってしまいますよね。そういうところも考えないといけないのです)

car********さん

2010/9/921:36:30

①個人サークルが多いので一人というのが一般的に多いと思います。

②友達、姉妹、恋人・・・等色々だと思いますが友達の場合が多いです。

③個人のメリットは自由っていうのが一番だと思います。描きたいものを描きたい時に描けるのでストレスないです。デメリットはその逆。複数のメリットはイベントに参加するときのスペース代金や印刷代を割り勘にできることですね。あとイベントの時に交代で売り子して買い物に行くことができるとか。デメリットは意見が割れたときやトラブルがあったときに友情にもひびが入る可能性があることかなと思います。

④自分で作ったものの売り上げは自分のもので、合同で作ったものは半分というのが一般的だと思います。


個人で活動した方が自分のペースでできるので良いと思いますが、初心者でしたらお友達と一緒に始めるのも良いと思いますよ。わからないことも相談できますし(^_^)
しばらくして興味のジャンルが二人とも違ってきたら、自然に別々の活動になっていくと思うので、イベントの雰囲気等に慣れるまで二人で頑張って下さい。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる