ここから本文です

弁護士、弁理士、会計士のうち米国・欧州で社会的地位が高いのは?

アバター

ID非公開さん

2010/9/1001:41:01

弁護士、弁理士、会計士のうち米国・欧州で社会的地位が高いのは?

日本では弁護士と会計士は増えすぎているとか、弁理士は理系の弁護士とも言われるほど難関のわりに地味だとか、色々ありますが、アメリカやヨーロッパの先進国では、これらの士業の社会的地位はどのようになっていますか?

閲覧数:
2,334
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tok********さん

2010/9/1022:24:34

会計士についてはよくわからないので、弁護士と弁理士について。

まず、弁護士の社会的地位は日本ほど高くないと言われています。司法試験の合格者数の桁が違いますからね。企業の法務担当者でも、弁護士資格を持っている人が多いです。日本では社内弁護士はまだまだ少ないですね。

次に、アメリカでは「弁理士」という資格はありません。似ているのは「パテント・エージェント」ですが、特許商標庁に対する手続しかできず、裁判での代理が一切できませんので、日本の弁理士とは異なります。
アメリカで特許関係の業務を行っている人は、多くが「特許弁護士」(Patent Attorney)です。これは弁護士であり、かつパテント・エージェントである人の通称です。一般の弁護士よりはタイムチャージが高い傾向にあります。(アメリカでは弁護士といえどもパテント・エージェントの試験に通らないと特許商標庁に対する手続ができません。)

欧州の弁理士はかなりの難関だそうで、おそらく日本の弁理士よりも社会的地位は高いと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2010/9/16 14:46:50

降参 ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる