ここから本文です

わんぱく相撲で小学生なのにとても大きな子とそうでない子がいますよね。小学校6年...

sud********さん

2010/9/1321:27:44

わんぱく相撲で小学生なのにとても大きな子とそうでない子がいますよね。小学校6年生くらいだと差が歴然です。とても不思議です。大きな子は生まれつきそうなのですか?それともどれくらいから大きくなるのですか?

ちなみに相撲界で通用するには一般的に100キロ以上、大きいほど有利ですよね?小さいころから意識して体を大きくするにはどんなことをすればいいのでしょうか?

わんぱく相撲,小学生,相撲界,小さいころ,子,元千代の富士九重親方,相撲スパルタ教育

閲覧数:
1,157
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/9/1322:33:00

小さい頃体が大きくても、大人になると案外普通ということはしばしばあります。
柔道や相撲では小学生のころ体が大きい子の方が確かに有利ですが、それは競技の強さとはまた別問題なので競技者としても技術を磨いていかなければ中学生くらいのころには勝てなくなります。小学生のころは特に体の個人差が大きいので相撲では大きい子の方が有利です。しかし、体にバネがあり、瞬発力が強い子の方がのちに強くなることが多いです。
大相撲の元千代の富士九重親方は、単に体がでかい子ではなく、むしろ中学高校くらいに陸上などをしていて体にキレがある子の方がのちのち強くなるとは言っています。

小学生のころから意図的に相撲向きの体を作ることは可能です。元大関武双山の藤島親方は父親から徹底的な相撲スパルタ教育を受けて成長しています。食べる量がすさまじく、朝ごはんのあとに煮干しを一袋毎日食べるように指導され、帰宅後もトレーニングの日々だったそうで、体はかなり大きく作られたようです。それがのちの怪物ぶりへとつながりました。

小学生のころは食べることにより体全体を大きくし、一時期相撲で有利になることは可能です。しかし同時に技術面を磨かないとのちに歯が立たなくなるので、体をでかくするよりまず技術ありきになります。

質問した人からのコメント

2010/9/19 17:44:41

小さいうちから大きい子って、遺伝的な要素も多い気がします。また食べる量も半端でないですよね。体が小さかった私にとって、小学生のころは大きい子がちょっとうらやましかった。でも、今は違います。本当に強くなるには心技体のバランスが取れていないとダメですね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる