ここから本文です

室町時代の庶民の冬服はどのようなどのような格好だったのでしょうか? 教えて頂け...

shi********さん

2010/9/1700:35:37

室町時代の庶民の冬服はどのようなどのような格好だったのでしょうか?
教えて頂けると助かります。

閲覧数:
1,925
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2010/9/1820:59:09

中世期の庶民が着ていたのはいわゆる「小袖」と呼ばれる衣服です。絵巻物や屏風図或いは戦国時代が舞台の大河ドラマなんかで見慣れた前合わせの和服ですね。ただ庶民は複数の衣服を持てるほど余裕がなかったので一枚の小袖を一年中着続けていた人が多かったようです。春夏は生地一枚(単衣)で着用し、秋になり涼しくなると裏地を縫いつけて温度調節をします。冬になると生地と裏地の間に詰め物(山野に生えている植物の穂や綿)を入れて防寒機能を持たせ、そして春になると裏地をとってまた単衣に戻します。羽織のような専用の防寒着を持っていたのは裕福な人達だけだったようですね。
主要な素材は麻もしくは木綿です。当時は紙製の衣服もあって織物より目が詰まっているぶん防寒機能には優れていましたが、紙そのものが高価だった為か庶民の間には普及しませんでした。毛皮も同様に希少品で衣服の素材としては一般的で無かったようです。

質問した人からのコメント

2010/9/23 23:40:04

感謝 詳しいご説明、どうもありがとうございます。
大変役に立ちました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる