ここから本文です

一期一会という言葉を辞書で調べると、

tos********さん

2010/9/2200:45:46

一期一会という言葉を辞書で調べると、

『茶の湯で、茶会は毎回、一生に一度だという思いをこめて、主客とも誠心誠意、真剣に行うべきことを説いた語。転じて、一生に一度しかない出会い。一生に一度かぎりであること。』

という意味のようですが…質問があります。

誰かと出会って共に時間を過ごし、

「この人とまた会いたい」とか「この人とは長くお付き合いしていきたい」と思ったとします。

言い換えると、一生に一度(一期一会)でなく、何度も会いたいと思ったとします。

そうすると、「一期一会は嫌だ。」ということになりそうです。

一期一会という言葉は、いい意味(美しい?)で使われることが多いと感じますが、

一期一会にしたいと思わない出会いの方が良いのではないでしょうか?

一期一会だとその場限りの出会いみたいなイメージで寂しくありませんか?

閲覧数:
1,563
回答数:
10
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

qwe********さん

2010/9/2201:50:38

一期一会は、何度も会う相手であろうと、生涯一度きりの出会いのつもりで接客すべきだ、という心構えを説いた言葉ということになるだろうと思います。
もし今日の出会いをおざなりにしてしまえば、相手を怒らせて二度と会えなくなるかもしれませんよね。何度も会いたいと思う相手であればこそ、今日という日の出会いは一生に一度のつもりで、礼を尽くし、心を尽くすことで次へとつなげることもできるのではないでしょうか。
また、例え同じ人と二度三度と会ったとしても、その一回一回の出会いと全く同じ時は二度とめぐってこないともいえます。今日Aさんに会って、明日またAさんに会うとして、。同じ場所、同じ時間、同じシチュエーションで会ったとしても、今日のAさんとの出会いは今日限りだし、明日のAさんとの出会いもまた明日限りの一度きりですよね。
Aさんが大好きで一生のうちに何度も会う機会があるかもしれませんが、今日の代わりを明日に託すことはできません。一期一会の出会いを積み重ねてこそ、何度も会いたい人との縁は繋がっていくんじゃないでしょうかね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

w34********さん

2010/9/2508:44:00

その通りだと思います ..................

lov********さん

2010/9/2323:56:31

山上宗二が説いた「茶会に臨む心構え」を表した言葉です。

茶会が、その人との一生に一度の出会いの場だと考えると、そのような大切な時間を素晴らしいものにするために、亭主は客を、客は亭主に対して誠心誠意を尽くして接するというのが本来の意味です。

一度しか会わないとか、また会うかもしれないというのは関係のない話で、客をもてなす側の亭主は、客のために万全の準備を尽くし、礼節を持って客をもてなし、もてなされる客は、亭主のもてなしに対して失礼のないように誠心誠意努めるという精神が大事だという、茶会に対する精神論を説いたものです。

昔は現在のように便利な世の中ではなく、医療も発達せず、戦乱に巻き込まれて平均寿命も短い時代背景にありました。

そんな中で、茶会という共通の時間を素晴らしいものにするためには、その時間が一生に一度しかないと考えると、そんな大切な時間に万全を尽くして臨み、誠心誠意を持って接する事に必然性が生じると考えたのでしょう。

私個人は、この「一期一会」の精神は、素晴らしいものだと評価します。
人と人の結びつきを大切に考えるからこそ生まれた発想で、それを茶会の場においても実践しようとするのは、非常に意味のあることだと思います。

pop********さん

2010/9/2217:09:36

昔は現在ほど頻繁に会うことはできなかったから
今のこの瞬間を大切にしようという意味だと思います。
会いたい、けど次はいつ会えるかわからない、二度と会えないかもしれないから悔いの残らないおもてなしをしよう
(と私なりの解釈です)

交通や通信が発達した現代ではなかなかピンとこないかもしれませんが、相手を思いやるという素敵な言葉だと思います

プロフィール画像

カテゴリマスター

rou********さん

2010/9/2211:22:52

他の回答と重複しますが、「いまのこのひと時を大事に」というニュアンスを感じます。
「一生に一度、いましかない出会い」そのような意味合い。

しかしながら普通に使われる場面では、旅先などで偶然会った二度と再び会うことがなさそうな相手に対してのように思います。
してみれば、こちらのほうは「一生に一度の出会い」が強く意識されていそうです。

私はなぜかこの言葉のもっともらしさがあまり好きではないらしく、意識することもないし使用することもありませんが、意識するときには前者、使用するときには後者といった使い分けがあるかもしれません。

「一期一会にしたい」ではなく、「一期一会を大事にしたい」と使えば違和感が少なくなるかもしれません。

fg7********さん

2010/9/2207:49:11

単純に、「今しか存在しない」ってカンジでどぉ?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる