ここから本文です

木造2階建て新築住宅を考えています。収納を多く欲しいので、部屋の1部分をスキッ...

nan********さん

2010/9/2716:23:06

木造2階建て新築住宅を考えています。収納を多く欲しいので、部屋の1部分をスキップフロアー・中二階・ロフトを考えていまが、定義が分かりません。どなたか教えて頂けないでしょうか?

①2階部分から半階下げて部屋を造るのではなく、2階部分の同じフロアーに高さ1.4m以下の部屋を造り、その上に屋根の下まで高さ1.4m以下のロフトを考えていますが、その部分の部屋は建ぺい率に含まれるのでしょうか?

②スキップフロアーやロフトには採光や換気の為の窓や内装用の扉を取りつけてもよろしいのでしょうか?

③ハウスメーカーさんにロフトには固定の階段は取り付けられないと言われましたが、できないのでしょうか?

どなたか教えて頂けないでしょうか?

よろしくお願い致します。

閲覧数:
1,931
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wak********さん

2010/9/2716:56:21

小屋根収納に対する建築基準上の制限は、

・天井高1.4m以下
・可動式はしご
・小屋裏収納の床面積が下階床面積の8分の1以内


ただしこれは法定延べ床面積に入れなくてもよいという条件です。
建ぺい率にはすべてかかります。


スキップフロアーは普通の部屋なので窓は付けてもいいです。
ロフトもOKですが、ドアは普通の大きさのドアは不可です。


階段は可動出来ないと完了検査は通りません。
ただし、検査後不動の階段にリフォームすることは可能でしょう。
もちろん違法ですが、一般住宅の場合、行政の監視は厳しくない事も暗黙の了解のようになっています。

>部屋の1部分をスキップフロアー・中二階・ロフトを考えていまが

確認したいのですが、スキップ部分は、通常の天井高の中二階の部屋+その上部の小屋裏に天井高1,4m以下の収納という二層構造なのですよね。
中二階の下にも1階と同じフロアレベルで1,4mの天井高の収納を造るとすると、行政によっては不可の場合があります。
可能なところもあるので、確認してみた方がいいでしょう。

質問した人からのコメント

2010/10/1 20:44:22

降参 たくさんの方にご回答をいただきありがとうございました。とても参考になりました。一番最初にご回答をいただいた方に決定いたしました。
みなさまありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fuk********さん

2010/9/2717:19:00

下記が詳しいです。

http://kodou.web.infoseek.co.jp/jiten/j_13_01.htm

先達のご回答に補足すると、

●設けられる窓の大きさに制限がある地域(市)があります。 (神戸市の場合45cm角以下 ←居室に準じてはいけないということらしい)

●固定はしごを認める地域(市)があります。(物入の出し入れが危険と配慮)

are********さん

編集あり2010/9/2717:40:48

①上下とも天井高が1.4m以下であったとしても、どちらか一方の面積分は、床面積として算入します。
例えば上も1坪、下も1坪のスペースでしたら、1坪分は床面積に算入します。

同じようなケースで、検査機関がこのような判断をしましたし、逆にどちらも算入しないとなると、例えば押入れの中段を「床だ!!」と言い張れば、押入れはすべて床面積に算入しないことになっちゃいますからね・・・。

「建ぺい率」とありますが、「容積率」の間違いではないかと・・・。
先の例で言えば、当然、「1坪分」は容積率算定の際に算入します。

②OKです。

③聞いたことありませんが、そういう判断もあるんですかね・・・。


*補足

>fukuchang2940さん
なるほど。
法文での規定を見たことがなかったので「???」でしたが納得しました。
逆に勉強になりました。

>ご質問者様へ
っということですので、特に②③は行政や検査機関に確認する必要がありそうですね。

atr********さん

編集あり2010/9/2717:03:20

建築士です。

① 天井高さ(小屋裏のような勾配のある天井では平均の高さ)が1.4m以下の空間は、「容積率」の算定面積には含まれません。
ただし、建ぺい率は建築面積(建物を水平投影した面積)で計算するため建ぺい率には含まれます。(質問の意図からすると、容積率の話だと思われますが…。)

② 採光や換気の窓を設けることは法的には問題ありません。(但し、屋根裏部屋にトップライトを設けたために暑くなったり、窓からの直射日光で収納物が日焼けするおそれもありますので、気をつけてください。)

③ 法的にロフトに固定階段を設けてはいけないという話は聞いたことがありません。(私が知らないだけかもしれませんが…。)

地域によって条例で規制されていることもありますので、法的に不可能なのかハウスメーカーの仕様として不可能なのかを確認した方が宜しいかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる