ここから本文です

エセ関西弁ってどんな感じですか?関西弁を知らない人がそれらしく言うことですが...

ism********さん

2010/9/2820:24:24

エセ関西弁ってどんな感じですか?関西弁を知らない人がそれらしく言うことですが、例文はありませんか?

閲覧数:
8,894
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

z90********さん

編集あり2010/9/2915:49:40

例文というか、漫画の台詞に実際にあったものですが、「始まってしまった」を関西では「始まってしもた」と言うところを「はじもうてしもた」としてあるのを見たことがあります(真船一雄『スーパードクターK』第40巻「度胸だめし」)。
言った人物は関西人の設定なのですが(因みに1話こっきりの客演)、作者が神奈川県(静岡寄りの、南足柄市)出身で、「関西では<あっ>の音(専門的にはどう呼ぶのかわかりませんが…)は全て<おう>とウ音便化する」と思っていたのだと、思います。
確かに「会(合)った→おうた」「使った→つこた」などとなりますが、全てがそうだという訳ではなく、「有った」は関西でもやはり「あった」と言う、「つかった」は「つかった」でも「浸(漬)かった」は「つこた」とは言わないといった具合なのです。
又、詳細は忘れたのですが、誘拐殺人犯が電話口で 関西人のフリをしようとして「(人質が)こわがっている」の意味で「こわごうとる」と言い、関西人ではないことが露見した…という例が実際にあった旨、昔 本で読んだことがあります。
「こわがっとる」であり、まかり間違っても「こわごうとる」などとは言わないのです。

とはいえ、既出の イントネーション・アクセントの違いがやはり一番大きいでしょうね。

と言いつつ、一関西人として違和感を覚えた漫画の台詞をもうひとつ挙げます。

「関西じゃ豚もよう食わん、納豆みたいなもん食うようなあさましい女とは知らなんだわっ!!」
関東の女性との結婚を控えた関西の男が 毎朝食卓に納豆を出すと言われ、それを受けての台詞ですが、最初の「関西じゃ」に違和感を覚えるのです。
テレビ等の影響により関東風の言い回しが入ってきているので、違和感を持たない世代もあるかも知れませんが、ここで言う「関西じゃ」は「関西では」の意味であり、関西では本来「~ては」「~では」を「~ちゃ」「~じゃ」とは言わない筈なのです(それ以前に、「~ては」は「~たら」と言いますが)。
実はこれは料理漫画『美味しんぼ』の台詞で(第8巻「愛の納豆」)、作者の雁屋哲は中国生れ東京育ち、作画の花咲アキラは富山県新湊市(現・射水市)の出身とのことです。
2人とも関西人ではない或いは関西では育っていない為、関西人に「関西じゃ」と言わすことに違和感を覚えなかったのだろうと思います。

※追記(以下パソコン)
上記「はじもうてしもた」と言ったのと同じ人物が、「それじゃあ」「でも」と言っています。関西では「それじゃあ」や「じゃあ」ではなく「それやったら」とか「ほな」とか言いますし、「でも」も、「けど」とか「そやけど」とか言います(「じゃあ」なら言う者もいるが、本来の言い方ではない)。当サイトでも、関西では「でも」とは言わない旨記されているのを見たことがあります(確かに私の周囲にも「でも」と言う者は殆ど居らず、[歴とした関西人の]友人の中にわずかに1人2人居るのみです)。
同作からもうすこし拾うと、「来よってんねん」という妙な表現がありました。「来よってん」は言うなれば「来やがったんだ」という意味であり、「~ねん」=「~のだ」ですから、「来やがったのだのだ」ということになり、おかしいのです。
又、とある古いアニメに 「~でまんねん」などという言い方をする者がいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%9C%E...
…などと、イントネーション・アクセントもそうですが、「あり得ない言い方」をしているのも、エセでしょうね。
それこそ枚挙に暇がない筈ですから、最後にひとつだけ。
「~できない」≒「よう~せん」です。
例えば「よう描かん」などと言うのですが、それを「よう~できん」の形にしてしまっている例も何かで見たことがあります。虚構の世界のみならず現実世界にも、そうした誤用をする関西圏外出身者が居るのではないかと思います。

質問した人からのコメント

2010/9/29 17:50:45

驚く いや~、深いですね!!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

msk********さん

2010/9/2822:53:46

例文として文字で表すことは不可能です。
言語は「音」が大切なのです。

私は、近畿方言エリアである関西2府4県+三重+福井嶺南以外の人が真似て話すものが「エセ関西弁」だと捉えています。
このエリアでは京阪式アクセントが使われています。関東や中国地方などの東京式アクセントの話者が京阪式アクセントをマスターするのは至難の業です。(逆も然りです。だから関西人は東京に来ても関西弁を話す、と言われる。)

例文は無理といいましたが名詞で一つだけ出しておきます。
「空」という語は東京式アクセントでは「そ」にアクセントがつきますが、京阪式では「ら」につきます。
こういったアクセントの違いが凄まじい量になっているわけです。
当然ですが、単語だけではありません。文全体を通したイントネーションも大切です。(これは近畿地方でも各地によって変わりますが)

それっぽい例があったので一つ動画を挙げておきましょうか。
http://www.youtube.com/watch?v=tWcc65yOhzk

4:02ぐらいの時点で三宅アナウンサーが「遅いやんか」と言っています。
字面上は関西弁なわけです。
ゲストが関西人のF1小林選手ですので、合わせて発言しようとしたわけですね。

三宅さんは「遅い」を東京式のLHLで発音しています。
京阪式だとHLLが正解……ですかね?

これが日常のレベルならどれだけの量になるか…お分かりいただけると思いますが。

agu********さん

2010/9/2820:25:29

イントネーションが決定的に違う関西弁が一番えせっぽい。
テレビでもちょくちょく見受けられる。文章にしてしまうと伝えられない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる