ここから本文です

私立高校について質問です。地方では一般に公立高校の滑り止めの役割を担っている...

am3********さん

2010/9/3002:24:47

私立高校について質問です。地方では一般に公立高校の滑り止めの役割を担っていることが多いようです。 (例外はありますが)しかし、高知県だけは私立校がトップ3に位置付けられているようです。高知ではある程度経済的に余裕のある生徒でないと進学校に進めないのでしょうか。歴史的背景があるのですか?

閲覧数:
1,598
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

2010/9/3004:13:29

高知県人です。
土佐高校・学芸高校・土佐塾高校の私学三羽烏の事ですね(笑)
それほど高い学費でもないですが、もちろん経済面もあるでしょうね。
もともと全般的に裕福ではない県ですから・・・(苦笑)
土佐高校の草創期はお金持ちの子を優先的に入学させたという眉唾話もあるぐらいです(真偽のほどは別として)。
また、中高一貫教育である事も大きな要因の一つだと思います。
小学校で成績のトップクラスの子はいずれかに入学する傾向があります。
土佐塾(その頃は学校経営していませんでしたが、今にして思えば結構なスパルタ塾でした(笑))に通っていた私は結局は私立には進みませんでした。
しかし塾友の何人かは土佐中学・学芸中学に進学しました。
この塾での授業内容は既に小学校レベルのものではありませんでした。
更に私立中学での授業で公立中学との決定的な力の差がつきますよね。
そこから高校に上がるのですから、その頃には並大抵の努力では彼らには追いつけるはずがありません(中には追いついた猛者もいますが)。

歴史的に何故そうなったのか?ですよね。
一説には戦前からの公立名門校だった旧・城東中学(公立トップの追手前高校の前身)が受験に力を入れていなかった為、戦後も右に倣えで公立が永らく同じ状況の反面、私学が力を入れたというものがあります。
また、戦後の高知県では日教組の力がとても強く、その「全員入学制」的方針で公立が競争力を落としていったという説もありますし、それに異論のある親たちは子弟を私学に進学させたという説もあります。
あるいは、公立の生徒の標準的家庭の所得が低いが為に県外の大学に行かせる事ができず、高知大学で充分という考え方になってしまったから、という話も。
その他いろいろな細かい話の耳にしましたが、それらが混ざり合って高知県全体に「私学優位」というイメージができてしまい、それが定着した事も大きな要因ではないかと思います。
一旦定着したイメージは払拭するのがたいへん困難ですし、更に加速もします。
これが高知県の実情なのかも知れませんね・・・。

しかし最近では追手前高校の公立トップたる躍進があるようですよ。
現役で旧・帝大系に合格者を出すなど頑張っているみたいです。
これに引っ張られて他の公立にも影響が出てきて欲しいものです。
頑張れ、公立高校!(笑)
乱文にて失礼いたしました。

質問した人からのコメント

2010/10/5 15:56:47

成功 ありがとうございました。公立がんばれ。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる