東野圭吾か宮部みゆきのミステリの短編でお勧めを教えてください 我らが~ とりのこされて 犯人のいない殺人の夜 嘘をもう一つだけ ガリレオシリーズ以外で 最後にすべての謎が明らかになるものがいいです

東野圭吾か宮部みゆきのミステリの短編でお勧めを教えてください 我らが~ とりのこされて 犯人のいない殺人の夜 嘘をもう一つだけ ガリレオシリーズ以外で 最後にすべての謎が明らかになるものがいいです

小説434閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

東野圭吾『探偵倶楽部』 宮部みゆき『地下街の雨』 なんて、どうですか?

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

東野圭吾氏の短編集なら、 怪笑小説 毒笑小説 黒笑小説 が最高です。 宮部みゆき氏でしたら、時代物の、 本所深川ふしぎ草紙 かまいたち 幻色江戸ごよみ がいいですねえ。 (好みが一般の方に比べると偏っているかな?)

0

宮部みゆきならあと「人質カノン」「鳩笛草」「淋しい狩人」「心とろけるような~マサの事件簿」がありますね。「長い長い殺人」は短い話が集まって結局最後に一つになるんですが、入らないでしょうか。