司法制度改革における法曹人口拡大について

司法制度改革における法曹人口拡大について 司法制度改革において、裁判の迅速化、市民の司法への参加を促し、法の支配を貫徹させることを目的として、法曹人口の拡大が行われていますが、新任弁護士の就職難、法曹の質の低下、都市部への弁護士集中などが大きな問題となっています。 しかし現在の日本においては法曹に対する需要は低く、特に、日本国民の民族性として他人との争いを避けようとする傾向が強く、弁護士を雇い裁判を活用するのではなく、当事者間において物事を解決する傾向があります。 そういった状況下で、法曹人口を拡大することは、日本の司法の崩壊へと繋がる恐れがありますが、市民の司法参加は裁判員制度を除けば現状のままになってしまいます。 ではどのようにすれば、司法が国民へ広く行き渡るのでしょうか?

政治、社会問題293閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

まず国会が民意を反映し、国民が理解できる法律を作る事です。国民は現行法では一部職人(自分の仕事に関係ある法や法曹)しか興味を持ちませんし、まず憲法からしてそもそも読めない文章です。 そしてそのためには、国民が施政、国政に興味を持たねばなりません。 そのためには啓蒙が必要ですが、現状の平和を何の苦労も無しに享受していると自覚してはばからない日本人ですから、今回の民主党政権のように一度大失敗して、民主主義は国民が主となって考えなければならないめんどくさい制度であると言う事を身にしみて自覚すると良いんじゃないですか?