ここから本文です

ステンレス車両の外装デザイン(塗装)について

meg********さん

2010/11/201:12:51

ステンレス車両の外装デザイン(塗装)について

近ごろの車両はほとんどがステンレス製のようですが,どれも無塗装の銀色の電車です。
わたしはステンレス車は技術的に塗装が難しいものかと思っていますが,実際のところ,鋼製車両より難しいのでしょうか?

もし難しいのであれば,どんな点が難しいのか教えて下さい。

もし,技術的には何の問題もないのであれば,なぜ,そろいも揃って各社無塗装で平気なのでしょうか? 自社の車両がギラギラした車体をしているのに抵抗感はないのでしょうか?
ステンレスは錆びないので塗装が省略できるのは知っていますが,内装にいろいろと趣向を凝らす車両でも,外装は無塗装で銀色のままばかりというのは,どうも腑に落ちないもので・・・

よろしくおねがいします。

補足皆さん,ご回答ありがとうございます。やはりコストの問題なのでしょうか? お金をかけても,外装デザインを優先する会社や車両がもっとあっても良いようにも思うのですが・・・

pedaitoさん,もしよろしければ,鋼製車に比べてどのような手間がかかるか知りたいので,教えてくださると嬉しいです。

閲覧数:
2,779
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ped********さん

編集あり2010/11/211:36:04

製造コストでいえば、ステンレス車両(塗装なし) ≫ 鋼製車両(塗装あり)です。
材料費や加工コストが要因となります。

ではなぜ製造コストが高いステンレス車へ各鉄道会社がシフトするのか?
鋼製車両に比べ長期に渡りメンテナンスがしやすい
他回答者さんのご指摘にある軽量化のメリット
無塗装による環境対策
などが考えられます。

特に塗装に関する法規制(VOC)での環境対策が一番の原因ではないかと思われます。
http://www.aience.co.jp/data/voc/

この上記の規制対策として、大手電機メーカーなどは家電などを自社工場で塗装をせず、何社もの下請け会社で塗装をさせています。
そして、自社工場の塗装部署は閉鎖もしくは縮小…

鉄道車両ではこのようにはいきません。
なんせモノが大き過ぎますから。。。。。


なお、ステンレスへの塗装は技術的に難しいということではなく、鋼に比べて手間が掛かります。


補足について

よく、「アルミやメッキ品への塗装は難しい、塗装が剥がれやすい」などと聞きませんか?
それと同じような理由なんです。
普通の金属用の塗料では剥がれやすい塗装にしかならないので
イメージ的にいうと、ステンレスの表面状態を変化させる(前処理)⇒その後に塗る塗装の密着を高めるために接着剤のようなものを吹き付ける⇒鋼と同じ塗装工程
こんなカンジです。

質問した人からのコメント

2010/11/3 23:32:04

ご回答有難うございます。
ステンレスに塗装する必要がない上,塗装するとお金が要るし,重くなるし,環境負荷もかかるし,しかも塗装が面倒,と悪いことばかりだから,各社ほとんど無塗装ということですね。納得です。
ついでに,粘着テープで色帯を付ける理由も分かりました。
皆様ありがとうございました。

「ステンレス 塗装」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tok********さん

2010/11/219:54:24

最近のステンレス車は、「塗装」というより「ラッピング」という方が多いのではないでしょうか?

地元の小田急に1000形というステンレス車両がありますが、この中に新松田~箱根湯本の区間列車専用になった車両が存在します。銀色の車体に、小田急のイメージカラーである青のラインが入っていた車両を、箱根登山鉄道の塗装に換えた際も、塗装ではなくラッピングでした。

最近のステンレス車は、「塗装」というより「ラッピング」という方が多いのではないでしょうか?...

rei********さん

2010/11/207:06:08

塗装にかかる労力と経費を浮かせたいから塗装していないだけです。
ステンレス車も塗装は簡単に可能です。

s_s********さん

2010/11/201:38:59

無塗装の理由は軽量化です
ステンレスにする事で錆を防ぎますので塗装は必要ありません

軽量化によって加速時の電力消費量を少なく出来ますので無塗装なのが利にかなった姿なのです

中にはステンレスでも塗装されている車両も有りますが、宣伝効果的な物です
新幹線はアルミなのに塗装してますから

moo********さん

2010/11/201:30:38

ステンレスボディの塗装が難しいかどうかはわかりませんが、塗装しなくても良いので塗装を省いているのは事実でしょう。
ステンレスむき出しで平気かどうかは、別にギラギラしていても、それはそれでしょう。それを格好良いと思う人もいるでしょうし。
それは人の美的感覚の違いで、何とも言えません。
まあ、私見では凝った内装の車両なら、ステンレスボディでもシールを貼ってうまく誤魔化していると思いますよ。
内装は凝っているのに外装は無装飾(東急や昔の日比谷線みたいなジュラルミン列車)なんてことはありませんから。

ちなみに、EF81の300番台やキハ35系のように、外板がステンレスでも他の車両と統一させるため、あえて塗装していた車両はあります。

st1********さん

編集あり2010/11/218:36:12

ステンレスは、折り曲げ加工(車両の前面なんかの製作)は難しいですが、塗装しないのは金が浮くからでしょう。
例えば江ノ電新500形の車体はステンレスですが、塗装されています。他に、過去にはキハ35形のステンレス試作車がいましたが、「塗装する人の仕事が減るだろ!」ってことで晩年は塗装されていました。

アルミ車体でも東京メトロや東武は無塗装ですが、新幹線や京阪電車は塗装しています。

最近だと、関東では珍しく塗装車体にこだわっていた京急までもが銀ピカになってしまいました。
新しい社長が走ルンです派だとか、東急車輛になんか言われたとか、色々な噂がありますが、結局は経費削減の為でしょう。

ただ京急は赤ラベルの面積を広めにするというできる限りの?努力はしていますし、223系みたいに銀ピカでもオシャレな車両はいますよ。

自分的には某広島の所謂「末期色」になるくらいなら銀にラインカラーのほうがいいです。

補足について、阪急・京阪は外装デザインを意識していますね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる