ID非公開

2010/11/3 16:32

33回答

麺の起源を教えてください。

ロシア語6,247閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

とりあえずここでは中国のことのみを書きます。 小麦粉製品は漢代にその源を発し、後漢のころには「焼餅」すなわちパン、「蒸餅」これは蒸したギョウザのようなものあるいは今の饅頭(マントウ)のたぐい、そして「湯餅」すなわち水餃子のたぐいが文献に現れています。 その形はさまざまですが、「湯餅」の一種「索餅」というものはその名前からして太いひも状のものだったらしく、日本で言う「麺類」の遠い祖先であったと考えられます。 「索餅」は後代日本にも伝わり、奈良時代の正倉院文書にもその記載が見られます。 南北朝(中国の)時代には「索餅」はさらに細く長くなり、「韮の葉のように作る」という記述があります。また、この時代には「棊子麪」キシメンと呼ばれるものが出現していますが、これは名古屋のきしめんとはまったく別のものです。 日本の「うどん」のたぐい、すなわち打った小麦粉の生地を包丁で細長く切る食べ物は、中国では「切麪」といい、唐代から見られます。唐代にはすでに熱い麺と冷たい麺が存在したようです。 「切麪」は中国南部で好まれ(北部では「焼餅」が好まれます)、政治・文化の中心が長江流域に移った南宋時代に大いに発達します。これが日本に伝わって「うどん」になったものと思われます。 切るのではなく延ばして作る麺類は清代に中央アジアから中国に入ってきたようです。 以上主として青木正児「華国風味」http://amazon.jp/dp/4003316517/ によりました。