ここから本文です

ものみの塔2010年9月15日号研究用 11月15日-21日取り扱い記事 「...

jel********さん

2010/11/1514:55:23

ものみの塔2010年9月15日号研究用
11月15日-21日取り扱い記事
「あなた方の指導者はキリスト一人です」
P.23 の文章について質問いたします。
23ページ右列上段において、「この終わりの時にキリストは

『自分のすべての持ち物』すなわち王国の地上の関心事すべてを『忠実で思慮ぶかい奴隷』とその代表である統治体にゆだねています。
統治体は油注がれたクリスチャンの男子の一団です。
油注がれた者たちとその仲間のほかの羊は、現代の統治体の指導に従うことによって、実際には指導者であるキリストに従っている、ということを理解しています」

上記のこの不可解な文章が理解できますか?
分かる方教えてください。
私には統治体と名乗り出さえすれば、主題聖句「指導者はキリスト一人です」がどうにでもなる様に見えますし、これを最後に「理解しています」と筆者が言い切ることに、とても不可解な印象を与えられます。

これは聖書の教えと何の関係があるのか?さえ全く理解できません。
どなたかご回答を、よろしくお願いいたします。

補足エホバの証人の理屈だと、愛のゆえに統治体が人類を支配すべきで、従わないものは神が絶滅させ、イエス一人が指導者は建前で、実質は統治体が行うって事ですか?分からないやつはずっと乳でも咥えてろ、すぐにぶっ殺すからな!って事ですね!すごい理論展開ですね?これを真面目に学ぶエホバの証人って、何考えているの??????

閲覧数:
376
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shirentomoさん

編集あり2010/11/1720:03:23

大阪のまなぶサンに付け加えるとすれば、「マインドコントロールされるまで苦行を続けないと分からないでしょう」ということでしょうか。。。。
一般の人にはわかる訳がありません。

素直にわかる人でエホバの証人でない人はこの世にはいないと思います。多分ね?エホバの証人にも良く分かっていない人はたくさん居るようです。
分からないことに神に感謝いたしましょう。
質問者サンがまともであるという証です。

;mutrfcsw345サン
貴方の書いてあることを読むと、他キリスト教徒、数十億人は聖書から学んでいるので神によって救われるべきであると、意味が取れますが?
それはエホバの証人の教理とは全く違いますね?質問者様の解釈の方がはるかにエホバの証人の統治体教理と限りなく近いと思いますが、どうなんですか?貴方はまだまだ教理が分かっていない研究生でしょうか?
他の回答者はエホバの証人でなくても教理を理解していて、質問者様の解釈(当然100%合っているわけではなく、誇張した表現ですが)に特に異論をおっしゃっていませんけど?

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ini********さん

編集あり2010/11/1620:50:46

昨今のネットの普及により、協会の様々な情報が信者の目にするところとなり、目の覚めた者達が離れていったためにこのように、信者のマインドコントロール強化に躍起なのではないでしょうか。
協会が国連NGOに現在も登録され、毎年政治的議にNGOとして参加、児童への性的虐待の蔓延により多数の被害者による訴訟、莫大な示談金の支払い、数々のビジネスに手を染め、ビジネス会議にも頻繁に出席、不透明な寄付の流れなど、取り上げればきりがないないですが、そのような情報に触れる信者が増え離れるものが増加、それを食い止めるための協会のいつもの戦法ではないでしょうか。信者が離れれば、組織運営が困難ですからね。
統治体に従うことはキリストに従う事、統治体に従わないものはキリストとエホバに対して敵している、こう書けば洗脳されている信者からすれば、益々統治体に従わねばと心を強化される。カルトによくあることです。
元信者に誘われ大会に行ったことがありますが、わけがわからないまま、なんかの宣言に「はい」と信者がいっせいに言わせられる光景は異様でしたね。まだよくわからないであろう小さな子供でさえも。
真面目な信者の心につけこんだ悪質なマインドコントロール。

補足

愛のゆえにとは、うまく信者を丸め込むための都合の良い言葉ですね。実際キリストは今目に見える形では存在しないわけですから、誰がキリストの意思をゆだねられているかなどと誰にもわからないわけで、つまりどうにでも言えるわけです。そう、死人(キリスト)に口無しです。マタイ24:45を統治体はあたかもその奴隷が自分たちであるかのように教えれば、哀れで純粋な人々は統治体こそそれであると思い込まされ、信者となって労力や金をつぎ込まされるというまさに、上手くできたビジネススタイルになっているというわけですね。信者の皆さまご苦労様、お気の毒様であります。
統治体がマタイ24:45にあてはまらないことは、私が先に挙げたことからもわかります。ほんとに信者の皆さまお気の毒さまであります。

補足2
特に一番最初の回答者のように、研究生というのは組織の内情に精通していないため、上辺の部分だけ見て判断してしまう傾向にあるようです。私は今までこの組織に入り込みどのようなことを教え込まれているのか、どのようにコントロールされているのか、何十人もの元証人からの証言や書籍を通してこの組織の実態を知り、カルトのマインドコントロールの方法などの研究書籍なども研究したつもりです。その上でこの組織がまさしくカルトのマインドコントロールを行っているのは明らかであるということを確信した次第です。多くの人が被害にあわないように願うばかりです。

もう一つ
油注がれたものは自分でわかる・・・そう誰でもそう思い込むことはできる。麻原が自分がメシアだと思い込んでいたように。

編集あり2010/11/1710:00:05

簡単に言えば、「つべこべ言わずに倒置隊の言うことを聞け、倒置隊は神と同じ、言うことを聞かないやつは滅ぼす」です。

偽占い師が使う常套手段、コールドリーディングとかいうやつですね。

たとえば、占い師から「あなたは本物と偽物を区別する力をお持ちだ」と言われれば、いいえ、区別がつきません、などと返す人などまずいない。

自分は本物を選ぶ力がある→自分が選んだこの占い師は本物である

という思考が成り立ちます。相手の自尊心を上手く利用した手法です。


統治隊もこの手法は大得意です。選民意識が強く、優越感、自尊心に溢れるエホバ信者を上手く操っていますね。

「真の羊=統治隊の発言はイエスの発言と信じる」と言われれば、自分達こそ真の羊と信じて疑わない信者たちは、この記事に強制的に(おそらく潜在意識下で)従わざるを得ない。「統治隊を信じない=真の羊でない=滅び!」と、ぶっ飛んだ結論になるからです。実に単純なマインドコントロールで、一般人には理解不能です。

mut********さん

編集あり2010/11/1708:39:51

エホバ神とキリストは天におられます。

で、人間に聖書の中の音信を伝えるのに、同じ人間をお用いになります。(天から放送しませんね・笑)。そのため、地上にも組織があります。組織については、見分け方とか教えていただけます。

>統治体と名乗り出さえすれば、主題聖句「指導者はキリスト一人です」がどうにでもなる様に見えますし、・・・ごめんなさい、ここをもう少し説明いただけると助かります。それと統治体を構成する兄弟たちはすでにかなり長い経験をもっておられます。

補足に答えさせていただければ、「統治体が人類を支配すべき」・・無理ですし、そうではありません。地上をハルマゲドン後楽園にむかわせるのはイエスをはじめ、天にある政府です。

「従わないものは神が絶滅させ・・」・・・聖書の中の基準をまだ守れていないけれど、そうしようとしている人が滅ぼされることはないですね。わからない事も求めているのであれば徐々に理解させていただけるので大丈夫ですね。イエスが行われたことや教えは聖書にあるので、奇跡以外の事は倣えます。統治体の兄弟は聖書にあることを再確認させてくださいます。ですから、聖書を開いて・・とはよくいわれます。

補足に書かれた理論展開はまちがいですので、ご安心を。

2010/11/1523:06:49

聞きかじりですが

今は終末で、神の王国が地球にもうすぐやってくるらしいです。
地球は永遠に滅びず、王国の民も肉体のまま永遠に生きるそうです。
エホバの民以外は、滅びます。

<油注がれた男子の一団・統治体>
黙示録;144000人のことで、エホバの信徒代表で良く伝道に献身したと神に認められる男子です。
そして忠実な一般信徒


一部の者はキリストのもとに行って、王国のためにとりなすそうです。

王国が実現する時には、部外者はいませんしキリストに選抜されたメンバーです。
よってこの世(地上の楽園)は、キリストに従って統治するらしいです。

神の王国が実現すればエホバの人以外はいないので、統治体やキリスト
の心配はいらないでしょう。

まなぶさん

編集あり2010/11/1716:02:37

たった10数年前からしか聖書を学べてないのでね。浅くてすいません。

二世みたいに小さい時から教えられてないので長くないですからね。

 ヨブ32:8 確かに,死すべき人間の内の霊,
そして全能者の息,それが彼らに悟りを与える。
 9 単に日数の多い者が賢いのではなく,
またただ年老いた者が裁きを理解するのでもない。


エホバが用いる経路は一つしかないと言うことです。

聖書には、二つの道、しかないのです。
エホバの証人は、個人の自由意思によって、聖書に、
神に、エホバに、希望をもって従っているんです。

退けるひとも、個人の自由意思によって、選んだ結果です。
各自が自分に命に責任をもたなければならないのです。

マタイ7:13 「狭い門を通って入りなさい。滅びに至る道は広くて大きく,それを通って入って行く人は多いからです。14 一方,命に至る門は狭く,その道は狭められており,それを見いだす人は少ないのです。

罪を犯している魂―それが死ぬのである。(エゼキエル 18:4)

※一般の人は求めないし、知ろうとして学ばないから、知る事が出来ないのです。当然です

聖書はそのような人たちについてこのようにかいています。

イザヤ26:10 邪悪な者は恵みを示されることがあっても,全く義を学びません。彼は正直の地で不正の行ないをし,エホバの卓逸性を認めません。


聖書の基準にそって生きるのが」苦行だと思わないです。

(ミカ6:8 )(ガラテア 5:14) ただ公正を行ない,親切を愛し,慎みをもってあなたの神と共に歩み、隣人を自分自身のように愛する事だけです。

理性のない動物のように,自分が無知でありながらあしざまに言う滅びを被る人々にとってはマインドコントロールと思うのでしょうね。

聖書に、エホバが用いられる経路として(マタイ24:45 )『忠実で思慮ぶかい奴隷』の人々にゆだねてるからです。
代表である統治体は神により油そそがれた、14万4千人の人たちから、取られています。
油そそがれた人を肉眼で見分ける事はできませんが、
その人たちには分かるみたいです。
統治体を構成するのは、神により油そそがれたクリスチャンで、エホバが用いられる経路なの
です。
確かに、統治体に従うことはキリストとエホバに従う事、
統治体に従わず、敵している人々(つまり、エホバが用いられる経路を認めようとしない人々)はキリストとエホバに対して敵している事になると。

パズルのピースの一つのように、

時がくればこの事も、理解できる
時がくるとおもいますよ。
パズルをする時は、まず枠からしますよね。
同じように、基礎、土台がでければ理解出来なかった事も、時がくれば理解できます。

なぜ英語ばかりで答えるのか疑問に思いました。

エゼキエル18:21 「『さて,邪悪な者については,彼が自分の犯したすべての罪から立ち返り,実際にわたしのすべての法令を守り,公正と義を行なうのであれば,彼は必ず生きつづける。彼は死なない。22 彼の犯したすべての違犯―それが彼を責めるために思い出されることはない。彼は自分の行なったその義のために生きつづけるのである』。
23 「『一体,わたしは邪悪な者の死を喜ぶだろうか』と,主権者なる主エホバはお告げになる,『[わたしは]彼がその道から立ち返り,実際に生きつづけることを[喜ぶ]のではないか』。
24 「『さて,義なる者がその義を離れて,実際に不正を行なうとき,すなわち彼が邪悪な者の行なったすべての忌むべきことにしたがって事を行ない,そして生きている[とき],彼の行なったそのすべての義なる行為は何一つ思い出されることはない。自分の犯した不忠実と自分の犯した罪とのために,そのために彼は死ぬであろう。
25 「『そして,あなた方は必ず言うであろう,「エホバの道は正しく調整されていない」と。イスラエルの家よ,どうか,聞くように。わたしの道は正しく調整されていないのか。あなた方の道が正しく調整されていないのではないか。
26 「『義なる者がその義を離れて,実際に不正を行ない,それゆえに死ぬとき,彼は自分の行なった不正のために死ぬのである。
27 「『また,邪悪な者が自分の犯した邪悪から立ち返り,公正と義を行なうようになるなら,彼は自分の魂を生き長らえさせる者となる。28 彼は見て,自分の行なったすべての違犯から立ち返るとき,必ず生きつづける。彼は死なない。
29 「『そして,イスラエルの家は必ず言うであろう,「エホバの道は正しく調整されていない」と。イスラエルの家よ,わたしの道,それは正しく調整されていないだろうか。正しく調整されていないのは,あなた方の道ではないか』。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる