ここから本文です

幕藩体制の時代の、石高と資産との違いは何ですか?

cat********さん

2010/11/1618:09:30

幕藩体制の時代の、石高と資産との違いは何ですか?

閲覧数:
122
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kazuma2050さん

編集あり2010/11/1620:40:06

石高は領地で生産される米の量で
幕府が旗本や大名に与えた○千石や○○万石を示します

しかし石高は米価により変動します
米が安ければ石高の額面以下の収益
米が高ければ石高の額面以上の収益
といのが相場です。

しかし
米の石高以外に
ロウや漆などの特産物や
鉱山から出る金・銀・銅
得体の知れない医薬品・海外との密貿易など
治める領地で石高以外の収益を上げる事が出来るのです

幕府が定めた石高+領地収益を加え
各藩の運用予算を超えた利益を蓄え生じるのが
「資産」なのです。

質問した人からのコメント

2010/11/18 12:54:37

ありがとうございました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる