ここから本文です

最近、低炭水化物ダイエットなるものがはやっているらしく試しに夜だけ炭水化物を...

rhymeomさん

2010/11/1619:45:13

最近、低炭水化物ダイエットなるものがはやっているらしく試しに夜だけ炭水化物を抜く生活をはじめて驚いたことがありました。最初はダイエット目的でしたが、体に異変が早速有りそれはしばらく

悩まされた胃の不調で毎日毎日もたれや不快がここ5年くらいずっとつづいており医者に通って胃のレントゲンやエコー検査などして、最後には薬を三種類ほど1年間欠かさずずっと飲んでいました。このダイエットをはじめて胃の調子がすこぶる良くなり薬もいまは一切飲んでいません。このこと胃の調子がいいことと何か関係があるのでしょうか?詳しい方教えてください。また胃の不調でお悩みの方、一度参考にしてみてください。

閲覧数:
1,105
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/11/2116:08:07

夕食の食べ物のボリュームが少なくなったことで、消化器への負担が減ったことに関係があるかもしれません。
炭水化物がよく肥満の元凶のように言われますが必ずしもそうではありませんよ。

炭水化物を極端に減らすとエネルギー源がなくなるため、体は脂肪より先に筋肉をエネルギー源に活用しようとします。従って筋力が落ちますし、筋肉量が減ってしまうことで基礎代謝のカロリーが減って、今までと同じカロリーを摂っても今度は痩せにくい体質になってしまいます。

このような状況では脂肪はホントに飢え死にしそうな極限にならないと活用されません。

一方で適度に炭水化物を摂ると、体温が上がり、同時に脂肪もエネルギーの一部として活用されます。
脂肪を燃やす焚き付けの役目です。

第二次世界大戦以前の日本人のようにむしろコメを中心とした食生活をしていたが、この時代のほうが体型は良かったはずです。
夕食は全体のバランスは変えずに量を減らした方がむしろいいのではないでしょうか。
また1から2週に1回程度、低カロリーの日を作ると良いそうです。

コメ(炭水化物)5:肉1:野菜2の比率が良いという人もいます。歯の臼歯:犬歯:切歯の比率です。

肉の不飽和脂肪酸やショートニングが肥満につながりやすいという人もいます。
肉の脂身は避け、なるべく赤身だけを食べたほうが健康的です。

ショートニングはスナック菓子、ショートケーキ、パン、惣菜弁当店の揚げ物、ファーストフードの揚げ物など現代では広く使われています。
サクッ、パリッを実現してくれる水素付加植物油でマーガリン類似のものです。これらは体の脂肪代謝を悪くして動脈硬化を起こしやすくする危険があります。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。