ここから本文です

助けてください。 大腸がんについての質問です。 父が大腸がんで下痢がひどく苦...

evi********さん

2010/11/1821:29:08

助けてください。
大腸がんについての質問です。
父が大腸がんで下痢がひどく苦しんでいます。どなたか助けてください。
二週間前にバリウムをのんで検査をしました。先週診察を受けたところ

バリウムが全く出てい無いで残ったままだと言われ、下剤を処方されました。
それがききすぎていて、以前にもまして下痢がひどくなり、15分に一度はトイレに駆け込んでおり、夜もまともに寝られていません。ここ数日はトイレにすら間に合わなく、、、
パットをあてています。
先週から抗がん剤をはじめたのですがこのままでは体力・気力まで奪われてしまいます。

どうしたらよいでしょうか?
処方された下剤はのみ続けなければいけないのでしょうか?どなたか助けてください。よろしくお願い致します。

補足医師の診断では、肺に転移がありこのままの状態では余命一年三ヶ月と言われました、、、日に日にやつれていくのは見ていてかなり辛いです。どんなことでも構いません。アドバイスを下さい。よろしくお願い致します。

閲覧数:
1,753
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nek********さん

2010/11/1821:44:20

医師はお父様の症状をどう考えているのでしょうね! 家族も看てるのも相当つらいでしょう。あなたの気持ちを医師に伝えて 薬を変えてもらってはどうですか?もちろんお父様の意見も! 薬のために弱ってく姿は我慢できません。相談もできない医師なら病院を変えるべきです。私の祖父も大腸ガンで亡くなり、父も現在 足の裏にできた直径2cmのほくろのような皮膚ガンができ抗がん剤と戦ってます。お互い家族のために頑張りましょう!

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iri********さん

2010/11/2522:25:32

今年の1月にがんが見つかり開腹手術をした者です。
私も、手術後4ヶ月ほど下痢で悩まされました。
大腸を切るということは、常人が思っているよりも回復に時間がかかることがわかりました。
野菜ジュースが良いということだったので、飲んでみるとそのままの色で下痢になり驚いたこともあります。
ですから、下痢はあたりまえのことだと考え、少なくても半年ほどは下痢は治らないと思ってください。
そのうち、腸の状態が良くなってくるにしたがって、下痢は回復方向に推移すると思います。

それから、大腸がんの手術直後にバリウムを飲むのは、殺人行為です。
手術直後(術後1年ほどまでは)は、他の臓器と癒着している可能性が高く、
傷口のところの腸管が狭くなっており、腸捻転の可能性もあるということから、
バリウムは飲まない方が良いと言われました。

それから、転移についてですが、体力の消耗は命取りです。
がんではなく、抗がん剤に殺されたということをよく聞きます。
がんを治すのは、免疫力だと言われておりますが、体力・気力の消耗は免疫力を下げることになってしまいます。

私は、自分の病気ががんだと知ってから、一週間ほど眠ることができませんでした。
それと同時に、インターネットを駆使して様々な“治すための”情報を探しました。
その結果、たどり着いたのがフコイダンダブル(決して宣伝ではありません)です。
かなり高価なものですが、手術直後から神にすがる思いで毎日300ml飲み続けました。

そして、3ヶ月に1回ほど、がんに効くといわれるラジウム温泉に3泊程度で出かけました。
その結果、10月のCT検査でついに画像に影が映らなくなったのです。
転移がんといえどもこういうこともあるのです。

今は青汁を3食ごと、フコイダンを朝夕100mlずつ、
富良野にんじん100というジュースを朝昼1缶ずつ飲んでおります。
それに加えて、ビタミンB6が免疫活性に良いということなので、
含有成分がしっかりしていて安く買うことができる(代表的なB6サプリの成分はすべて調べました)D○CのビタミンBサプリを飲んでいます。
また、現在は肉類、インスタント食品、揚げ物の惣菜はほとんど食べておりません。

抗がん剤治療は、予定通り行うことが大切です。
食べないことによる体力低下はがん細胞の思うままです。
免疫力を高く保ち、良い食品をできるだけ大量に食べることは、生きるための最大の近道だと考えます。

ちなみに、私はフコイダンダブルを飲み続けているせいか下痢は治り、食欲不振に陥ったことは一度もありません。
お父様のことを心配なさるなら、ぜひぜひ早めに行動を起こしてあげてください。
何度も書きますが、決してフコイダンダブルの宣伝ではありません。
私の実体験を淡々と書いただけです。

フコイダンには、がん細胞のアポトーシス(自殺)誘導効果があることが知られています。
ちなみに、高価なきのこ系のものには、アポトーシス誘導効果はありません。

実体験から言いますが、希望を捨てたらそこでおしまいです。
家族一丸になってがんと戦うという気力が絶対必要です。
気持ちを強く持って頑張ってください。
回復をお祈りいたしております。

tan********さん

編集あり2010/11/2308:56:31

大変な状況ですね。さぞかしご心配なことでしょう。
私自身、2年7ヶ月前に大腸がん4期で手術を受けました。肝臓に2ヶ所、リンパに多数、更に腹膜にまで転移のある末期状態でしたが、2回の手術を経て今はすっかり元気です。1回目の手術後は抗がん剤を飲みましたが、結局再発してしまい、2回目の手術の後は抗がん剤を「拒否」して元気にしています。

下剤の件については主治医に良くお話して改善していただきましょう。下痢は体力を消耗してしまいますから早急に対処していただいた方が良いです。それから余命は気にしないことです。私は自分から「余命告知」を拒否しました。。余命告知されたからと言って諦めムードになってしまうといい加減に扱われてしまう可能性があります。疑問点などは、ここで質問せずに医師に直接ぶつけて納得いく回答を得るようにして下さい。納得いかないなら他の病院でセカンドオピニオンを受けられたら良いと思います。

大腸がんは食事との関係が大きいので、落ち着かれたら食事の改善を行い、抗がん剤にばかり頼らずに自助努力で体質改善をして癌を撃退しましょう。私自身は癌を恐れない強い精神力をベースに「食事・運動・サプリメント=ノニ、マイタケエキス、フコイダン3種で月2万数千円」の3本柱で元気にしています。お父様が高齢なら家族の方が良く勉強されてもっともよい治療法を選択する義務があると思います。余命など気にせず頑張りましょう!

重ねて言いますが、余命なんて誰がわかりますか?知り合いで癌で亡くなった方ははっきり言って「抗がん剤死」でした。先に余命を言っておき、その日に向かって酷い副作用の抗がん剤をガンガンやって弱っていくのです。何とかそのルートから脱却しなければなりません。私みたいに酷い状況でも助かっている人は山ほどいます。お父様だって大丈夫です。運良く助かった方から情報を得てください。とにかく死なないと思い込むこと。健闘を祈ります。

プロフィール画像

カテゴリマスター

miy********さん

編集あり2010/11/1822:56:01

御心配でしょうが病気はお医者さんに任せるしかありませんが、大腸がんは転移の少ない病気だと言われています希望を持って治療されることを願っています。
★肺に転移と言うのは受診が遅かったのでしょうね、お気の毒ですがお医者さんの言われる通りかもしれませんが、医学の進歩を信じて奇跡を祈るばかりです。
私も妹を癌で亡くしましたが1か月前まで孫の七五三のお参りにも県外への旅行にも行っていたのに20日ほど後には癌が見つかり余命1カ月と言われて姉弟は本人への告知はしないでほしいと言いましたが、妹の主人は告知をして思い残すことのない最後を送らせてやりたいと告知をして3カ月後に亡くなりましたが知り合いの伝手を求めて国立癌センターにも転院できて治療を受けられて苦しまずに逝くことが出来て告知も伝えてよかったと思っています。千の風になっての私のお墓の前で泣かないでください・・・がヒットして毎日テレビやラジオで流れている時に召されて行きました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる