ここから本文です

白隠禅師とはどういう人物なんですか?

pap********さん

2010/11/2114:04:18

白隠禅師とはどういう人物なんですか?

閲覧数:
483
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ath********さん

2010/11/2201:44:58

こんばんは


以下ウィキペディアより

*****


白隠 慧鶴(はくいん えかく、1685年1月19日(貞享2年12月25日) - 1768年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。諡は神機独妙禅師、正宗国師。

駿河国原宿(現・静岡県沼津市原)にあった長沢家の三男として生まれた白隠は、15歳で出家して諸国を行脚して修行を重ね、24歳の時に鐘の音を聞いて悟りを開くも満足せず、修行を続け、のちに病となるも、内観法を授かって回復し、信濃(長野県)飯山の正受老人(道鏡慧端)の厳しい指導を受けて、悟りを完成させた。また、禅を行うと起こる禅病を治す治療法を考案し、多くの若い修行僧を救った。

以後は地元に帰って布教を続け、曹洞宗・黄檗宗と比較して衰退していた臨済宗を復興させ、「駿河には過ぎたるものが二つあり、富士のお山に原の白隠」とまで謳われた。 現在も、臨済宗十四派は全て白隠を中興としているため、彼の著した「坐禅和讃」を坐禅の折に読誦する。

現在、墓は原の松蔭寺にあって、県指定史跡となり、彼の描いた禅画も多数保存されている。


*思想*
彼は初めて悟りの後の修行(悟後の修行)の重要性を説き、生涯に三六回の悟りを開いたと自称した。また、これまでの語録を再編して公案を洗練させ、体系化した。中でも自らの悟りの機縁となった「隻手音声」と「趙州無字」の問いを、公案の第一に位置づけ、以後の修行者に必ず参究するようにさせた。


*****


一応ウィキペディアを貼っておきますね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%9A%A0%E6%85%A7%E9%B6%B4

質問した人からのコメント

2010/11/22 06:43:32

降参 お二方教えて頂いてありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ywm********さん

2010/11/2202:39:24

詳細は↓のご回答を参考になさってください。
私が読んだ精神世界の本に拠りますと 偉いお坊さんになられたと同時に 今で言うノイローゼ的な病気を発症されて そちら方面でずいぶん苦労をなさったそうです(-_-;)
しかしながら ご自分で色々治療方法を研究され 『延命十句観音経』にたどり着き 病で苦しむ庶民に広めて頂いた方とありました。。。。。。

『十句観音経』について 詳しく教えてるサイトです↓

http://homepage3.nifty.com/chances/kannon/jikku.htm

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる