ここから本文です

田んぼを来年から畑にしようと思います。しかし、土がカチカチで水はけが悪いです...

hit********さん

2010/11/2309:18:41

田んぼを来年から畑にしようと思います。しかし、土がカチカチで水はけが悪いです。どんな土壌改良資材を入れればいいでしょうか?

閲覧数:
20,706
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kom********さん

2010/11/2310:54:59

モミガラを大量に土壌表面に撒いていく方法が効果は早いです。モミガラ以外でしたらバーク堆肥もよいです。
窒素飢餓を指摘する人も多いですがモミガラ等は急激に微生物が分解することはなく、時間をかけてゆっくりですから実際にやってみればそうした心配は全くなかったです。

固くて芋掘りも諦めようかと思う程の土でしたがモミガラを、入手出来る都度表面に散布していった結果、芋掘りも素手で掘れる程にフカフカになっています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sin********さん

2010/11/2315:16:51

田(米作)専用で使われていた場合の多くは窒素過多になっており、尚且つ代掻き等の作業で土壌が層化していて2段階の深さで粘土質の層があるかと思います。
即畑作とあるので米の輪作で作る、麦、大豆、小豆、とうもろこし、蕎麦などを1度そのまま耕した後栽培されては如何でしょうか。
麦は線虫類駆除、豆は窒素固定、とうもろこしは地割りなどそれぞれの作物がそれなりの効果を土壌へ及ぼします。
転換後は暫く、スギナやヒエ、アワ等の雑草が生えますが中耕や追肥を1年程続けていますと落ち着くかと考えます。
夏から秋へ向かい深めに耕し元肥を入れカブや大根の栽培と楽しみが膨らみそうです。

田ですと牛糞などを2~3年に1度2t~3t位施肥、または緑肥をされているかと思いますが、畑ですと毎年の勢いで有機資材の施肥が必要です。

aor********さん

2010/11/2311:03:02

水はけをよくすることが必須です。薬品方法も有るにはありますが野菜など作るとなれば避けたほうが無難です。ごく一般的で確実な方法をお勧めします。先ず、田んぼの周囲を幅一尺(30せんち・これはスコップで作業すればこうなるという意味で機械でやって10センチになるならばそれでもOK)の溝を深さ30~60(これは畑の乾燥具合を確かめながら調整深くする)ことです。
稲の収穫が終わって早いほうが宜しい。冬ざれと言って冬の寒気にさらされた土壌は、細かくなり空気を含むことになり作物の生育を促します。
次に土壌改良資材ですが、有機質のもの=落ち葉などを今、冬が来る前、耕す(これは必須=空気に触れる冬ざれ効果)ときに、鋤きこむ(耕すときのへこんだ所に入れる。実がついた草は入れない)。後は耕作のたびにこれ(できれば堆肥)を繰り返しふかふかの土を作ってください。良い畑は毎年の努力の結果出来上がるものと思って頑張りましょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる