法事でお供えをその場でみんなで分ける風習に慣れません。

法事でお供えをその場でみんなで分ける風習に慣れません。 親戚とはいえ、せっかく色々考えて持っていったお供えをその場でびりびり破いてナイロン袋などで分けてもって帰らせるのは、いつまでたっても嫌だと思ってしまいます。みんなのお供えも評価されるし、せっかく包んでもらった包装など、その場でゴミ袋などにいれられたら、いい気がしないのです。自分のところにも自分で持っていったお菓子などが入っていて、持って帰るのもなんだかなあと思います。お供えを取り込むというのではなくみんなで分けて・・・という精神はわかりますが、別にお土産も用意しているんだから、みんなで分けるという作業をやめてもいいのでは?そのほうがすっきりしていると思います。どう思われますか?

マナー17,490閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

2人が共感しています

ベストアンサー

4

これは、御供えを頂くと言う考えです。 親戚が法事が終わると、御供えを全て分けます。 親戚の住む地域では、昔はご近所へも配っていました。 「祖母の〇回忌の御供えです」と言って配っていました。 今はその習慣は辞めたそうです。 親戚間では分けて持ち帰ります。 御供えを皆で分けないと、見て分かると思いますが 親戚で持ち合うので御供えの多さとなり、 その家だけでは消費できませんし 皆で分け合う方が理に適うと思います。 どなたの御供えかわかりませんが、 ご先祖様の御供えをありがたく頂くといいですね。

4人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがたく頂くようにします。

お礼日時:2010/12/4 22:28

その他の回答(2件)

0

いろんな土地土地の風習がありますよね。 私も一時住まいしていた土地がそうでした。告別式の後、御供えしていたお菓子など、ひと袋ずつ持って帰るんですよ。何とも嫌だったのですが、それでも風習ですから自分が仕切ってやっていくという以外は、受け入れていくしかないでしょうね。 特に仏事に関してはタブーの様に不文律がありますね。 しかし実際にそれをやらないと、喪主の側は大量のお菓子やら残ってしまいそれはそれで困るでしょうし、会葬御礼とか法事のお返しという感覚で頂けば喪主としては気が済みますので受け入れましょう。 嫌なら自分の家の法事、葬式の時はやらなければいいのです。でもおそらくそういう土地だから親戚や地元の人たちはブーイングでしょうけど。

0

そういう習慣がある土地柄なんですか? 聞いた事ありませんね。 例えば、お下げして 持ち帰りきれないから、親しい間柄だし 「これ、お持ちなさい」という感じで 箱ごと、そっと渡されるという事はあるかもしれませんけれどね。 もしかして、土地柄というより親族の習慣?