ここから本文です

心臓の悪性腫瘍について教えて下さい。 心臓と腫瘍について調べていました。 (...

sar********さん

2010/12/1217:56:38

心臓の悪性腫瘍について教えて下さい。
心臓と腫瘍について調べていました。
(具体的に心臓に腫瘍はできるのか、なぜ罹患率が低いのか・・・など)

そしたら、横紋筋肉腫というのがあるとか、心筋平滑筋肉腫というのがあるとか、いろんな情報が飛び交っててよく分かりません。
あと、心臓は常に40℃~42℃の温度を保っていて、がん細胞(腫瘍細胞)が活動できないとも、
心臓がそんなに熱を持ってるというのは間違いだともかいてありました。
細胞が増殖しないからとも・・・
なので、心臓にできる腫瘍の名称、なぜ罹患率が低いのか、罹患した場合のリスク(生存率など)
分かりやすく、詳しくおねがいします。
しっかりとした医学的知識のある方、おねがいします。


しっかり本などを読んで調べようと思ったのですが、早急に情報が必要なので、早めの回答お願いします。

閲覧数:
2,575
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

khx********さん

編集あり2010/12/1218:19:01

質問した人からのコメント

2010/12/15 00:37:04

ありがとうございます。
助かりました。。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ang********さん

2010/12/1308:24:56

zwangsmassnahmenの言うことは気にしなくて大丈夫です

zwangsmassnahmenは最終的にフコイダンダブルを推奨します
その根拠は「○○さんが言っていたから」です
zwangsmassnahmenにとって「○○さんが言っていた」程度が非常に説得力のある論理的なものなのです

zwangsmassnahmenを信じるとすると「~が言っていたから」の一言で完結します

zwa********さん

編集あり2010/12/1321:00:11

ちなみに下の回答者の<心臓について―心臓腫瘍が極めて稀な理由>読んだけど結局なぜ稀なのかの説明になっていないじゃない。説明しているようでまったくこうだから稀なんですという決定打がかけてるのね。

あなたは自分で納得してるのですか。しっかりとした医学知識とは高校生でもわかるように説明できる人間です。私はあなたの説明では納得できません。なぜ納得できないかといえばあなたの説明は筋がとおっていないのです。私を納得させられないのならそれは説明できないのと同じです。
>心臓は常に40℃~42℃の温度を保っていて、がん細胞(腫瘍細胞)が活動できないとも<
えっ。なんでそうなるの。うそでしょ。納得できません。
まずあなた自身が癌という病気をどのように考えているかが重要です。
1.癌細胞はなぜ化学薬品や放射線に強いのか。
2.癌細胞はなぜ他の細胞を殺そうとするのか。
3.癌細胞.VS.普通の細胞ではなぜ癌細胞が勝つのか。
4.悪性新生物というのだから、遺体のなかから飛び出してきて、『やったぜ俺の勝ちだ』といってもいいはずだが、そうならないのはなぜか。
5.癌はなぜ即死しないのか。
あなたはちゃんとお母さんに説明することができますか。
こんな簡単なことを説明もできない馬鹿に癌をなおすことは不可能です。
現在、癌という病気の原理に対する見解には二つの拮抗する考え方があります。
【1.西洋医学の考え方】:癌は遺伝子情報のミスコピーなどで偶発的におきる突然変異に起因します。突然変異には原因はなく、いきなり突然に変異するのですから、危険極まりない現象です。癌細胞という悪魔の細胞が気が狂ったように、突然増殖をはじめ、体全体を覆いつくすまで無限に拡がります。無限に増殖する癌細胞は狂った細胞ですから、増殖を止める方法などありません。手術で切りとるか、抗癌剤をぶっかけてたたくか、放射線やスペシウム光線で焼き殺すしか方法はありません。原因も結果もありません。因果律などくそくらえです。原因もなく突然変異するのです。悪魔みたいなものです。癌細胞ならまだいいですが、ゴジラ細胞だったら目も当てられません。悪性新生物なんだから、遺体のなかから飛び出して『やったぜ俺の勝ちだ』とさけんでもいいはずなんですが、そんなことは起こらないのが矛盾だらけだと指摘しても西洋医学絶対主義者は馬鹿だから気がつきません。西洋医学は神に反抗する悪魔[絶対悪]との闘い、すなわち病魔との闘いですから、化学薬品という武器で戦うしか方法はないのです。いずれ抗生物質などまったく効かない病原菌があらわれるでしょうがそんなことしったこっちゃないです。非常に無責任な生き方ではありますが、西洋医学絶対主義者はもともと無責任な人たちです。自然界には病原体や病魔というものが宇宙以前から存在しているのです。病魔や病原体には理由はないのです。原因もなくいきなり、襲い掛かってくるのですから、自然界とは理不尽なものです。人間の体はこんなにも危険極まりない欠陥だらけのあぶない製品なのです。PL法に抵触するような不完全な製品です。もう50年以上も抗癌剤の開発をやってるわりに、効果が確認されている抗癌剤はほとんどないのも自然界はもともと理不尽な世界だからです。
【2.自然医学、東洋医学、マクロビオティック的な考え方】自然界に悪魔などは存在しておらず、病気とは不自然な生活習慣から生じた体内の不平衡状態を是正しようとする人間本来の復元力、すなわち『自然治癒力』です。癌細胞や西洋医学でいう病原体(細菌、ウイルス)などはその復元力に際して排出される膿のようなものであって、病原体ではありません。特に癌細胞は人間の自然な抗体反応であって、対外からの異物(食物からの毒素、食品添加物、化学薬品)を排除しようとする反応です。アレルギー、アトピーなども原理的には同じです。いわば浄化装置のようなものです。なぜ心臓癌がないかといえば浄化装置はふたつは必要ないからで、とても自然な現象として理解することができます。癌細胞が無限に増殖して体全体にひろがったなどという臨床例は古今東西、一例もありません。不自然な生活習慣から生じた歪んだ状態を是正しようとするのが病気という現象ですから、この力をもっと強化してやれば、病気は治ります。ところが西洋医学ではこの復元力を薬品で抑制してしまうために、メニエール病もパーキンソン病も完治しなくなってしまうのです。西洋医学では特効薬がないものはすべて難病になりますが、病気は本質的に薬物による対症療法では解決しません。人間の体は高度に発達した、自動制御システムを内臓しています。非常に高度に進化した生物です。遺伝子のミスコピーなど起こるような欠陥商品ではありません。
ちなみに上の1~5の回答です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1347866083

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる