ここから本文です

ORANGE RANGEについて。 ファンのみなさんは、知っていると思いますが、オレン...

xxx********さん

2010/12/1422:48:44

ORANGE RANGEについて。

ファンのみなさんは、知っていると思いますが、オレンジレンジはインディーズにもどりました。
というわけでレンジがメジャーの時に出した最後のアルバムはworld world worldです。

そしてworld world worldの最後に収録されている曲はFinです。
すなわち、レンジがメジャーで出した最後の曲はFinということです。
これは、ただの偶然でしょうか?最後に出した曲名はFin。
そこで、Finの歌詞を解明してみました。
すると引っ掛かる箇所がいくつかありました。


まず、「青空泳ぐ 雲はどこへ向かう」
これで表わされている雲とはORANGE RANGEのことだとして、
ここでは、さまよっているレンジの様子が浮かびます。
そして、少し飛んで、「雲の切れ間から降り注ぐ柔らかな光」
「降り注ぐ柔らかな光」は、インディーズへの道を表わしていて、
「手を繋ぐ僕ら 涙は枯れて消えた」
これは、メンバー全員の団結を表わして、迷いはもうない。という事です。
そして、「さぁ、靴をはいたら 出かけよう優しい世界へ」。
準備が出来たらインディーズ(オレンジレンジ第二章)へ行こう。
さらに飛んで、「笑うお日様 優しく包む 心も和む」
笑うお日様は、沖縄やオレンジレンジファンを表わしているとして、
それを優しく包むことによって心も和む。的な・・。、、

どう思いますか?考えすぎですかね;笑

閲覧数:
817
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

vet********さん

2010/12/1721:26:48

僕もあの曲は大好きなので、回答させていただきます。

そういう解釈もありですね。

ただ、インタビューによりますと、まずNAOTOが「落ち着いて和む歌詞を書いてほしい」と3MCにお願いしたそうです。
そこであのような歌詞が生まれたと思われます。

題名ですが、ゆっくり癒す系な楽曲なので「ふぁ」や「ふぃ」「ふ」などのふわっとしたイメージの言葉を選ぼうと思い、ちょうどアルバムの最後の曲なので「Fin.」にしたそうです。

でも彼らの行動は全て意味深(笑)。

なので、質問者さんのような「分かる人にはわかる」という意図は込められているかもしれませんね(^^)

質問した人からのコメント

2010/12/19 12:19:30

感謝 なるほど!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる