ここから本文です

人間の神経の伝達物質は?

mri********さん

2010/12/1621:13:46

人間の神経の伝達物質は?

ドーパミンとセロトニンと他にありますか?

補足運動神経に関する伝達物質は?

閲覧数:
752
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/12/1709:08:04

アミノ酸類
・グルタミン酸
・γ-アミノ酪酸
・アスパラギン酸
・グリシン
・タウリン

カテコールアミン
・ドーパミン(質問者様例示済み)
・ノルアドレナリン
・アドレナリン
・オクトパミン
・チラミン

インドールアミン
・セロトニン(質問者様例示済み)
・メラトニン

イミダゾールアミン
・ヒスタミン
・フェニールエチルアミン

その他
・アセチルコリン
・VIP(血管作動性腸管ペプチド)
・アデノシン
・アデノシン三リン酸
・アデノシン二リン酸
・アグマチン
・アナンダミド
・ジメチルトリプタミン
・一酸化窒素
・一酸化炭素

オピオイドペプチド
・βリポトロピン
・β-エンドルフィン
・α-ネオエンドルフィン
・β-ネオエンドルフィン
・ダイノルフィンA
・ダイノルフィンB
・メチオニン・エンケファリン
・ロイシン・エンケファリン

腸管ペプチド
・サブスタンスP
・ニューロキニンA
・ニューロキニンB
・ニューロペプチドA
・ガンマニューロペプチド
・CGRP(カルシトニン遺伝子関連ペプチド)
・ガストリン
・コレシストキニン
・ニューロペプチドY
・膵ペプチド
・ペプチドYY
・ボンベジン
・ガラニン

視床下部ペプチド
・ソマトスタチン

下垂体ペプチド
・バソプレシン
・プロラクチン
・オキシトシン
・ニューロテンシン

補足に対するコメント:
随意筋の運動神経を支配する神経の伝達物質はアセチルコリンです。
自律神経で平滑筋の運動を支配する伝達物質はアセチルコリンとノルアドレナリンです。

質問した人からのコメント

2010/12/23 21:06:25

アセチルコリンについてもっと知りたいですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hif********さん

編集あり2010/12/1700:17:42

神経伝達物質には、
①アセチルコリン
②アミノ酸(グルタミン酸、GABA)
③モノアミン(ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミン)
④プリン誘導体
⑤ペプチド(アデノシン、エンケファリン、ATP)
などがあり、それぞれ中枢神経系に働くもの、末梢神経系に働くもの、また興奮性、抑制性と働き方が異なります。

骨格筋を支配する運動ニューロンではアセチルコリンが神経伝達物質として働きます。
運動には、大脳皮質運動野、大脳基底核、小脳が関わりますが、それらの働きにはGABAやドーパミンが関わり、
例えばドーパミン作動性ニューロンの異常により、無動、寡動、振戦、固縮などの症状を呈すパーキンソン病になることが知られています。
大脳皮質筋の張力の増大は、参加する運動ニューロンの数が増えることで、個々の運動ニューロンの発射頻度が高くなることでもたらされます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる