代車で自損事故

代車で自損事故 車両保険の免責が10万円の代車を運転していて、バックミラーを破損する程度の軽微な自損事故を起こしたとします。 通常だと2万円程度の修理費だとします。 この時点で運転者に損害賠償責任が発生すると思われるのですが、金額負担はどうなりますか。 1.修理費用に関わらず10万円 2.バックミラーの実費のみ 3.上記1+代車が使用できない期間の保障費 4.上記2+代車が使用できない期間の保障費 5.その他

交通事故2,074閲覧

ベストアンサー

1

免責とは、「その金額までは責任を免れますよ」という意味です。 10万円免責なら、「10万円までは自己負担してくださいね。」となります。 10万円までは実費、10万円以上は10万円が自己負担となります。 例えば、2万円の修理なら、2万円の自己負担となります。 それから、ノンオペレーションチャージ(NOC「休業補償」)は別です。 自走できる場合は2万円 自走不可能な場合は5万円 と設定している会社が多いですね。 ただ、これも交渉の余地があり、軽微な事故で、修理が1日で終わるような場合、1日分のレンタカー費用で済ませてくれる場合もあります。 以前実際にあったのが、事故でレンタカーを借りた際、飛び石によりガラスを破損してしまいました。 実際にはガラス交換は1日で終わります。 そこで、返却までの間にガラスを注文しておいてもらい、返却日が確定した日にガラス交換の予定を立ててくれました。ガラスも安価なもので、免責以内で収まるようにしてくれました。 返却日をガラス交換が終わり、車を動かせる日までずらしてもらい、自分の都合で1日延ばしたと理由にしてもらって、NOCではなく、延長した1日分のレンタカー費用で済ませてくれました。 非常に良心的なレンタカー会社でした。 基本的には、4ですが、NOCと修理期間中のレンタカー費用を比べて、交渉してみる価値はあると思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧なご説明ありがとうございました。

お礼日時:2010/12/18 15:30