ここから本文です

広末涼子主演の映画『秘密』の内容について質問です。※ネタバレになりますが…。 ...

end********さん

2010/12/2112:18:26

広末涼子主演の映画『秘密』の内容について質問です。※ネタバレになりますが…。

ラストの結婚式のシーンで一部見逃しました…というか、真相を読み取れなくて、 質問させていただきます。

広末涼子が、父である平介に何かを言ったあと、平介が驚いた表情で『おまえ…、ずっと“おまえ”だったのか?!』と言います。
1)“おまえ”はナオコだったんでしょうか?
2)そうすると、いつからいつまでがナオコだったのでしょうか?
3)また、ナオコだった場合、何故、結婚したのでしょうか?

※ 1)の答えがYesだった場合を前提としますね。

ちなみに最近放送されてたドラマは、見ていません。
どなたか分かる方、解説などお願いします!

閲覧数:
60,976
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

com********さん

2010/12/2117:01:41

>広末涼子が、父である平介に何かを言ったあと、平介が驚いた表情で『おまえ…、ずっと“おまえ”だったのか?!』と言います。

このシーン、藻奈美の仕草に意味があると思います。
平介のあごに手をあてて、ひげの剃れ具合を確認する…
これは映画の中で、藻奈美ではなく、妻の直子がやっていた仕草でした。
仲のよい夫婦だったと思われるふたりの、事故の前からの「いつもの(お約束的な)」
動作だったのでしょう。
またそうする時の直子には、たまには髭をそり残していたのであろう平介のことを
愛おしむような表情があふれ、されるがままの平介の方にもその自覚があり、
ふたりにとっての幸せな時間を象徴する動作だったのだと思います。
その仕草を、お嫁に行く娘であるはずの藻奈美がおこなった…

ということで、驚愕を伴う「おまえなのか!?」だったのです。

つまり平介は、結婚式というもう引き返せない時になって
「自分の妻」がほかの男のものになるという衝撃の事実を
つきつけられたわけです。

事故の時から、藻奈美の命・魂は亡くなってしまっています。
身体は藻奈美、心は直子…これはもう二度と戻ることはなかったのです。
しかしいくら心は夫婦同士でも、外から見れば不自然に
仲のよすぎる父娘でしかない…。
ふたりの間のことにしても、
平介と、娘の身体を持つ直子とは触れあうこともできず、
直子にしてみれば、藻奈美のふりをして大学生として過ごすことによって
自分だけが再び若さを取り戻したような形になり、
平介を戸惑わせたり悲しませたり、
また、嫉妬のあまり平介が卑劣な行為(盗聴)をとってしまったりするのを見て、
もうこの状態(中身だけ自分で身体は娘)で夫婦の関係を続けていくのは
何より愛する夫を一生苦しめてしまうことになると思い、
藻奈美として生きていくことを決心し、その延長上で結婚もしたのです。

確か原作では、平介との結婚指輪をリメークして
新しく結婚指輪として持って行くことになっていたと思います。
直子と藻奈美の入れ替わりの時期を経て結婚まで、
藻奈美として生きていく決意をしたのは、直子だけの「秘密」であり、
指輪に込められた意味も「自分はほかの男と結婚してしまうけど、
平介の妻である自分も心のどこかに大切にしまっておきたい」…という
やはり直子だけの「秘密」なので、
リメークした指輪は非常に大事な意味を持つのに、
ただマスコット(キーホルダー?)に入れて持って行く、というふうになっていたのは
少しわかりにくかったかな、と思います。


平介が結婚相手を殴るシーンで言ったセリフ、覚えてますか?
殴るのは「2発」だと…。

1発はもちろん、娘を奪われることに。
もう1発は…。

あのとき平介も、直子の「秘密」を受け入れ、
新しい人生を生きる決意をしたのですね。
直子の決意を受け入れた、平介なりの愛情…
ふたりだけの「秘密」なのです。

長文失礼しました。

質問した人からのコメント

2010/12/27 18:21:08

驚く みなさま、ありがとうございます。今回は回答してくださった方一人ひとりが詳しく書いてくださっていたので本当に感謝します。一言で“なるほど”とはとても言えないくらいです。とても深い意味が込められていたシーンですね。ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moc********さん

2010/12/2114:10:08

1)“おまえ”とは直子の事です。


2)病院で目覚めた時からずっと直子でした。
藻奈美の意識(魂?)が戻ったのも全て直子の演技で、
藻奈美の魂はバス事故の時点で亡くなっていました。

3)直子が藻奈美として人生を生きていく覚悟をしたからです。
後半で平介が直子に「藻奈美」と呼びかけ、
「長い間苦しめてすまなかった」みたいな事を言われて
直子が号泣するシーンがありますよね。
その次から藻奈美の魂が目覚めだすので、
平介が藻奈美の体で生きる直子を自由にする
(夫婦であるがゆえにお互いを縛りつけてしまう苦しい関係をやめよう)
というのをきっかけに
直子も平介の決断を受け入れる覚悟をしたからだと思います。

でも心の底では平介を愛してるし妻であるという気持ちは変わらないから、
指輪の入ったキーホルダーを(原作では指輪を作り直し)持っていくんだと思います。


個人的には映画版よりドラマ版の方が良かったと思います。
映画版は内容がかなり原作と変わってしまってるし、何よりドラマ版で藻奈美を演じた志田未来さんの演技力がすごいです!

ドラマ版のDVDが出たらぜひ見てみてください(^O^)/

nao********さん

2010/12/2113:02:57

昨日のTVでの映画は見てません、以前見ましたが、ドラマも見てます、小説は熟読してますので、小説が基での回答です。
1)直子でした
2)事故後、藻奈美が目覚めた時から、結婚式まで脳的には全て直子です。
3)直子と平助があのままの状態であることに直子が限界を感じたからです、直子に嫉妬し盗聴器を直子の部屋に仕掛けた事、娘の体ではSEXも出来ない夫婦等であること等です。深読みになりますが、直子は藻奈美の生を最も望み、事故の際も体を呈し、娘を守りました、自分を本当の意味で殺し、娘を生かすため、藻奈美としての人生を選択したのだと考えております。

rir********さん

2010/12/2112:21:30

おまえは直子。ずっと直子だったんだと思います。藻奈美が戻ってきたのも、直子が消えたのも全部演技。
藻奈美が戻ってきたように見せて結婚したのは、平ちゃんに直子のことを諦めて立ち直ってもらうため。
だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる