ここから本文です

白旗の少女でさがしていた写真家は生きていたんでしょうか? その写真家は死ん...

toy********さん

2010/12/2120:54:07

白旗の少女でさがしていた写真家は生きていたんでしょうか?

その写真家は死んで彼の未亡人しか生きていない。とか 私(主人公)はついに私の写真をとった写真家に会うことができた。とか

どっちなんですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,089
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

and********さん

編集あり2010/12/2121:00:27

原作者・モデルである比嘉(旧姓松川)富子さんは、従軍カメラマンであるジョン・ヘンドリクソン氏と1988年に再会しています。
当時それぞれ50歳、70歳。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる