ここから本文です

建築計画概要書に 法22条区域にチェックがあり、 第一種高度地区 急傾斜地崩壊...

hug********さん

2010/12/2615:54:23

建築計画概要書に
法22条区域にチェックがあり、
第一種高度地区 急傾斜地崩壊危険区域と記載があるのですが、
大丈夫でしょうか?

閲覧数:
1,202
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pon********さん

2010/12/2617:55:43

何を心配しているのか分かりませんが、概要書が出ているのであれば目的の建物を立てる事の可否は「大丈夫」のようです。

◆22条区域→弱い防火の規制なので、ほとんどの建物には影響ありません。
◆第一種高度地区→高さ制限が厳しいので、2階建て以上は屋根の形状に制限を受ける可能性があります。
◆急傾斜地崩壊危険区域→擁壁等を造る必要があるかもしれません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる