ここから本文です

新株予約権は,当該新株予約権を行使することができる期間が経過した場合には,消...

hou********さん

2011/1/113:41:40

新株予約権は,当該新株予約権を行使することができる期間が経過した場合には,消却の手続を経ることなく, 消滅する らしいのですが、上記の結論は正しいですか?

閲覧数:
262
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qkm********さん

2011/1/114:05:45

新株予約権が消去されると、当該新株予約権は消滅します。
このほか、新株予約権者がその有する新株予約権を行使することができなくなったときは、特段の手続をするまでもなく、当然にその新株予約権は消滅します。
新株予約権を行使することが出来なくなる場合としては、新株予約権を行使することができる期間(会社法236-Ⅰ④)が経過した場合、有償発行の場合において払込期日までに払込みをしなかった場合(246-Ⅲ参照)等が考えられます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる